奥山純菜、藤田光里ら20人がファイナルへ 一ノ瀬優希は1打及ばず【JLPGAファーストQT C地区】

奥山純菜、藤田光里ら20人がファイナルへ 一ノ瀬優希は1打及ばず【JLPGAファーストQT C地区】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2022/11/25
No image

QTファイナルステージにコマを進めた藤田光里(写真は山口周南レディースカップ)|撮影:GettyImages

<JLPGAファーストQT C地区 最終日◇25日◇有馬カンツリー倶楽部(兵庫県)◇6562ヤード・パー72>

来季の出場権がかかる国内女子ツアー(JLPGA)のQTは、全3地区におけるファーストステージが終了した。兵庫県のC地区では、上位20人がQTファイナルステージへ進出を決めた。

きらびやか! 藤田光里が華麗にドレスアップ【写真】

トータル7アンダーで単独首位通過を決めたのは、今年のプロテストに合格したばかりの奥山純菜。トータル5アンダー・2位に山田成美、トータル4アンダー・3位には植手桃子が入った。

藤田光里は「75」と3つ落としながらも、トータル2アンダー・10位でファーストを突破。そのほか、小林光希、篠原まりあ、エイミー・コガ、仁井優花らもファイナルへコマを進めた。

レギュラーツアー通算3勝の一ノ瀬優希はトータル3オーバー・21位。通過ラインにわずか1打及ばずに涙をのんだ。中山三奈、淺井咲希、松田鈴英、上原彩子らも振るわず、ファースト敗退となった。

ファイナルステージは11月29日から4日間の日程で行われる。そこでの結果によって、来季ツアーの出場優先順位が決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加