『舞いあがれ!』吉川晃司、教官役で初登場 ネット称賛「迫力ハンパない」

『舞いあがれ!』吉川晃司、教官役で初登場 ネット称賛「迫力ハンパない」

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/11/25
No image

連続テレビ小説『舞いあがれ』で航空学校の教官・大河内守を演じる吉川晃司 <画像をもっとみる>

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第8週「いざ、航空学校へ!」(第40回)が25日に放送され、歌手で俳優の吉川晃司が航空学校の教官役で初登場。ネット上には「圧倒的存在感」「迫力ハンパない」といった反響が巻き起こった。

【写真】『舞いあがれ!』第40回場面カット 舞(福原遥)と電話で話す兄・悠人(横山裕)

宮崎での座学課程の最終試験を受ける舞(福原)たち。結果は全員合格。舞たちAチームの面々は全員で喜びを分かち合う。教官の都築は自身のノートに学生たちの評価を書き込むのだった。

舞は帯広でのフライト課程を前に、いったん帰省。東大阪で父・浩太(高橋克典)、母・めぐみ(永作博美)と久しぶりに夕食をともにする。

そんな折、悠人(横山裕)から送られた小包が岩倉家に届く。中には金色の奇妙な人形が入っていた。舞は早速悠人に電話をするが、とりつく島もない。

そして第40回のラストシーン。場面はこれから舞たちがフライト過程に挑む航空学校・帯広分校へ。都築が電話で「黒いノート届きました?」と問いかけると、帯広分校の教官・大河内は「受け取りました」と返答。そして都築が「今回もなかなか面白い子たちですよ」と舞たちを評価すると、大河内は「パイロットに面白さは不要です」と応える。これに都築が「みっちり指導してやってください」と頼むと、大河内は「分かりました」と答えつつも「ただし、指導するに値する人間なら…ですが」と言い放つのだった。

画面に吉川扮する大河内がブルゾン姿で登場し、かけていたサングラスを外し、空を見上げる様子が映し出されると、ネット上には「吉川晃司の格好良さと来たら!」「きゃー!グラサンが世界一似合う教官よ!」「様付けしたくなる渋さ…イケオジとかいうレベルを超えてる…」などの声が続出。さらに「圧倒的存在感」「迫力ハンパないな」「トップガンに見えてきた…」といったコメントも相次いでいた。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加