【ボクシング】井岡一翔、IBF絶対王者アンカハスと大晦日に統一戦「人生で最も強い相手、全力で挑む」

【ボクシング】井岡一翔、IBF絶対王者アンカハスと大晦日に統一戦「人生で最も強い相手、全力で挑む」

  • イーファイト
  • 更新日:2021/11/25
No image

井岡、IBF王者アンカハスと大晦日に統一戦。写真は昨年大晦日の田中恒成戦(Naoki Fukuda)

12月31日(金)に東京大田区総合体育館にて、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32=志成)とIBFスーパーフライ級で9度の防衛を重ねる絶対王者ヘルウィン・アンカハス(29=フィリピン)との2団体王座統一戦が25日に発表された。

【動画】これがアンカハスの強さ、正確無比の左フックで衝撃KO勝利!

25日に都内で行われた会見に出席した井岡は冒頭「自分がずっと望んでいた統一戦。追い求めてきた統一戦が大晦日に出来ることを嬉しく思います」とコメント。

対するアンカハスはビデオメッセージで「統一戦は私の夢。この試合を決断してくれて感謝している。井岡選手はこの階級の王者の中でベストで、彼のパンチ力は非常に危険だ。この戦いに向けてさらなる努力、練習を行う」と、意気込んだ。

井岡はアンカハスに対し「めちゃくちゃ強い。いざ決まって映像をみるとこんなに強いんだと。流石はこの階級で長年チャンピオンだっただけあるなと、人生の中で最も強い相手になる」との印象。

その強さについては「穴がない。攻撃はアグレッシブだし、ディフェンスも一つ一つ丁寧。崩すのが難しいと思う」と警戒しつつも、「勝つために仕上げて、その壁を崩したい」と語気を強める。

理想的な試合展開については「今回ばかりはKOとか良いパフォーマンスを見せるとか言えない。純粋に勝ちたい。IBFのベルトを獲るために全力で挑む」と、強く意気込んだ。

井岡は前戦の今年9月、元二団体ミニマム級王者で現WBOスーパーフライ級2位のフランシスコ・ロドリゲスJrに、判定3-0の判定勝利を収め3度目の防衛戦に成功している。

対するアンカハスは井上尚弥がWBO世界スーパーフライ級王者のときに、統一戦を期待された選手。しかし叶わず、井上がV7達成を最後にバンタム級に転向し幻の一戦に。強烈で的確な左フックを得意とし、戦績は33勝(22KO)1敗2分。

対日本人選手では、17年7月には帝里木下を、19年5月には船井龍一を王者として迎え撃ち、いずれもTKO勝利で防衛している。
前戦は今年4月。実に9度目の防衛戦を得意の左でダウンを奪い判定勝利。長期政権を築いている”IBFの絶対王者”だ。

2011年から、17年を除き毎年大晦日に戦っている井岡。今年は10度目の大晦日戦にして”超強敵”と統一戦で激突するが、念願のベルト奪取となるか。

【選手データ】
・井岡一翔(32=Ambition)身長164cm/リーチ167cm/右ボクサーファイター/戦績27勝(15KO)2敗/KO率51.72%。主なタイトル:日本人初の世界4階級制覇王者、現WBOスーパーフライ級王者(防衛3)

・ヘルウィン・アンカハス(29=フィリピン)身長168cm/リーチ169m/右ボクサーファイター/戦績33勝(22KO)1敗/KO率61.11%。主なタイトル:IBF世界スーパーフライ級王座(防衛9)

▶︎次ページは【動画】これがアンカハスの強さ、正確無比の左フックで衝撃KO勝利!
▼【動画】正確無比な左フックでKO!技巧派の絶対王者アンカハス

◀︎前ページにもどる[記事と写真:井岡一翔、IBF王者アンカハスと大晦日に統一戦]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加