浜辺美波がアンバサダーに就任 『ゴッホ展』9月18日より東京都美術館にて

浜辺美波がアンバサダーに就任 『ゴッホ展』9月18日より東京都美術館にて

  • SPICE
  • 更新日:2021/09/18
No image

『ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』が、2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで、東京都美術館にて開催される。本展のアンバサダーを務める女優・浜辺美波より、コメントが届いた。

浜辺美波 コメント

『ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」のアンバサダーに任命されました浜辺美波です。
フィンセント・ファン・ゴッホは、本当に有名な画家ですので誰もが知っていると思いますが、今回のゴッホ展は、ゴッホにあこがれて、個人としてゴッホの作品を世界一集めたヘレーネさんのコレクションがメインとなっています。展覧会の一押し作品は、ゴッホが亡くなる2か月前に描いた、《夜のプロヴァンスの田舎道》です。<糸杉>をテーマにした絵ですが、ゴッホは<糸杉>を何枚も描いていまして、その中でも、今回の《夜のプロヴァンスの田舎道》が一番素晴らしい<糸杉>だと私は思います。
ゴッホの作品が52点も展示されるということで、迫力のある本物の絵をみれるのが今から楽しみです。

No image

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵  (C)Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

本展は、20世紀初頭にゴッホに魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)に焦点を当てる。ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品も20点展示。ヘレーネの類まれなコレクションを紹介する。

『ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』は、2021年9月18日(土)より、東京都美術館にて開催。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加