川崎が応援アボカドを販売 売上の一部を等々力の球技専用スタ計画に寄付

川崎が応援アボカドを販売 売上の一部を等々力の球技専用スタ計画に寄付

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/10/14
No image

J1川崎は14日、かわさき応援アボカドを販売することを発表した。

地元の青果卸会社である東一川崎中央青果が、フロンターレを応援するべく、「かわさき応援アボカド」を起案。川崎のスペシャルサプライヤーであるドールの協力の下、市内のスーパー、量販店の50店舗で、この日から販売されることになった。また10月24日に等々力で行われる清水戦でも販売される。

2009年の「かわさき応援バナナ」に続く第二弾となる今回も、売り上げの一部を等々力陸上競技場整備基金に寄付する「寄付金制度フード」になっている。今年5月に川崎市は、等々力緑地の再編整備計画の骨子案を発表。フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場を球技専用に改築することが含まれている。バナナは1房ごとに3円が寄付されたが、今回は1パック(アボカド4個入り、398円)の売り上げごとに5円が寄付される。

選手たちもアボカドのかぶり物をかぶって撮影したり、アボカド料理に挑戦するなどPRに一役買った。オンラインで会見に出席した主将のDF谷口は「かわさき応援バナナと同様に、選手全員が合成ではなく、アボカドのかぶり物をかぶって撮影しました。バナナの次はアボカドね、みたいな感じでみんなさらっと撮影していて、さすがフロンターレだなと感じました。球技専用スタジアムでプレーするのは楽しみですし、僕たちの力になる。等々力緑地一帯が整備されるので、過ごしやすい等々力を一緒に作っていけるのではないかなと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加