古坂大魔王が“育休取得”宣言、レギュラー全休へ

古坂大魔王が“育休取得”宣言、レギュラー全休へ

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2020/10/18

タレントの古坂大魔王が、10月17日に放送されたトーク番組「NewsBAR橋下」(ABEMA)に出演。“育休取得”を宣言した。

No image

その他の大きな画像はこちら

番組はこの日、MCを務める橋下徹と古坂が「男性の育児休暇」についてトークを展開。その中で古坂は「11月に2人目が生まれる。芸人であまりやっていないと思うので、“育休”を取ろうと思って。レギュラーを全部休もうと思っている」と宣言した。

続けて「奥さんの気持ちを大事にしようと思った。1人目が生まれた時はすぐにフランスに行ってしまったが、僕も子育て番組に出演したりして勉強した。赤ちゃんの生後0〜6か月の間が、母体は精神的にも大変な時期。こんな大きな風に言っているが、たった2週間強なので、世間からは『おいおいおい』と言われるかもしれないし、何の意味もないかもしれない。それでも生放送も含めてレギュラー番組が結構あるので、本当に迷惑をかけることになる。おかげで今は忙しくてしょうがないが、マネジメントが本当にうまくやってくれた。その後は、少し仕事を減らしていこうとも思っている」と決意するに至った理由を明かした。また、古坂は「やっぱり、『小泉大臣でも取ったんだから』と、世の中が休みやすくなったと思う」と言及。さらに「『最近YouTubeでポッと来た芸人が調子こいて休みやがって』と言われるかもしれないが、それでいいと思う。その代わり、『あいつが育休取ったんだから、うちも取んなきゃ』となればいい。『干されるんじゃないかな、様子を見てみよう』と思われるのも面白い」と、その覚悟と展望も明かした。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加