一般男子学生は林田直也2度目V、レディース学生は長尾小百合 アマチュアゴルフ全九州クラブチャンピオンズ大会

一般男子学生は林田直也2度目V、レディース学生は長尾小百合 アマチュアゴルフ全九州クラブチャンピオンズ大会

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

アマチュアゴルフの第46回全九州クラブチャンピオンズ大会(西日本新聞社など主催)は25日、熊本県菊陽町の熊本空港CC(パー72)で7部門の最終ラウンドを行った。一般男子学生の部(7091ヤード)は福岡・沖学園高2年の林田直也(若宮)が通算イーブンパーの144で2度目の優勝を果たした。レディース学生の部(6538ヤード)はルネサンス大阪高2年の長尾小百合(グリーンランド)が通算6オーバーの150で優勝した。

一般男子社会人の部(7091ヤード)は緒方康憲(鷹羽ロイヤル)が150、シニアの部(6538ヤード)は尾家清孝(周防灘)が149、ミッドシニアの部(6073ヤード)は野田尚登(小郡)が156でそれぞれ優勝した。グランドシニアの部は153の真鍋高光(大博多)、レディース社会人の部(同)は169の谷川美帆(佐世保)がそれぞれ2人によるプレーオフを制した。

■2連覇に笑顔の林田

一般男子学生の部は1打差で首位発進した林田が2日続けてスコアをイーブンパーにまとめ、2位に3打差をつけて逃げ切った。2年前の中学時代以来の2連覇(昨年は同部門は実施されず)に、「優勝争いのプレッシャーの中で勝ったのでうれしい」と笑顔だ。沖学園高の主将を務める林田は「今年初めて日本アマに出場したことが自信になっている。来年の目標は九州アマのタイトルです」と力を込めた。

■「知りすぎているコース」長尾

レディース学生の部は長尾が1打差で2位の荒木を振り切って優勝した。長尾は通信制の高校で学びながら、試合があった熊本空港CCでキャディのアルバイトをしている。「ここは知りすぎているコース。今年、熊本県内であったジュニア大会で3回目の優勝ですが、全部このコース」と笑った。目標はずばり「来年のプロテストに一発合格すること」と力を込めた。

◇        ◇

一般男子の部・緒方(昨年は2位)「やっと勝てた。これまで2位が3度もあったので、初優勝は本当にうれしい」

シニアの部・尾家(初優勝)「一般の部で3度優勝したが、シニアでは初めて。5キロ減量して体に切れが出てきた」

ミッドシニアの部・野田(1番でOBスタートも後半持ち直す)「前半乱れたが、開き直れた。気持ちいい」

グランドシニアの部・真鍋(プレーオフで優勝)「この豪華なメンバーで優勝できるとは思わなかった。うれしい」

レディース社会人の部・谷川(プレーオフで2年ぶり3度目の優勝)「プレーオフは初経験。昨年婚姻届を出して初めての優勝でうれしい」

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加