広島・呉市の宝石店で起きた強盗傷害事件 男子中学生2人を逮捕 「ハンマーを振り回しながら逃げたときに体のどこかに当たった」

広島・呉市の宝石店で起きた強盗傷害事件 男子中学生2人を逮捕 「ハンマーを振り回しながら逃げたときに体のどこかに当たった」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

24日夕方、広島県呉市の宝石店で発生した強盗傷害事件で、男子中学生2人が逮捕された。

【映像】現場の様子

呉市に住む14歳の男子中学生2人は、24日午後5時50分ごろ、呉市内の宝石店でショーケースを割りネックレスを盗んだ際に、声をかけた店主の男性(62)を殴り頭にけがをさせた疑いがもたれている。警察が付近の防犯カメラなどを捜査し、2人を緊急逮捕した。

2人は「ハンマーを振り回しながら逃げたときに体のどこかに当たった」「友達と宝石を盗もうとした」などと供述しているという。

警察は全国で起きている一連の強盗事件との関連はないとみているが、模倣犯の可能性も視野に事件の詳しい動機などを調べている。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加