ベリーグッドマン 緊急事態宣言下の“時短ライブ”で熱唱「もうライブできひんのちゃうかと思った」

ベリーグッドマン 緊急事態宣言下の“時短ライブ”で熱唱「もうライブできひんのちゃうかと思った」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」が20日、自身初となる東京・渋谷公会堂でのワンマンライブを行った。昨年12月にスタートした全国ツアーの千秋楽は、緊急事態宣言下で午後8時前に終演する“時短ライブ”。代表曲「ライトスタンド」や「ライオン」、昨年10月発売の最新アルバム「TEPPAN」収録の「アイカタ」などを熱唱した。

No image

初のワンマンライブを行ったベリーグッドマン

客は発声禁止で、MOCA(32)は「一緒に歌われへんけど、いつか一緒に歌おうぜ」と呼び掛け。リーダーのRover(32)は「もうライブできひんのちゃうかと思った。よく決断して足を運んでいただいた」と感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加