7年で42件の窃盗か 58歳の男を逮捕 「暴力団の抗争でギャンブルの職がなくなり生活苦で」

7年で42件の窃盗か 58歳の男を逮捕 「暴力団の抗争でギャンブルの職がなくなり生活苦で」

  • 関西テレビ
  • 更新日:2021/10/14
No image

58歳の無職の男が、東大阪市内の事務所から現金約9万円を盗んだ疑いで逮捕されました。

男は、約7年間にわたって、事務所などを狙う窃盗を繰り返していたとみられます。

建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、大阪市阿倍野区の無職 阿部吉秀容疑者(58)です。
阿部容疑者は今年6月、東大阪市内のNPO法人の事務所に侵入し、金庫の中から現金約9万円を盗んだ疑いが持たれています。

警察によると阿部容疑者は2014年10月ごろから今年7月にかけて合わせて42件の窃盗を繰り返し、被害総額は約646万円に上るとみられます。

防犯センサーなどが付いていない事務所などを狙っていたということです。

警察の調べに対し阿部容疑者は「元々ヤクザに雇われ賭け麻雀で食べていたが、ヤクザの分裂抗争でギャンブルの仕事がなくなり、生活苦から盗みをするようになった」と話し、容疑を認めているということです。

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加