れもんらいふ×富士吉田市の本町通り活性化プロジェクト始動、喫茶檸檬開店

れもんらいふ×富士吉田市の本町通り活性化プロジェクト始動、喫茶檸檬開店

  • CINRA.NET
  • 更新日:2021/09/17
No image

「喫茶檸檬」ビジュアル

れもんらいふと富士吉田市による「本町通り活性化プロジェクト」が始動。推進事業の一環として、れもんらいふがプロデュースする「喫茶檸檬」が9月26日にオープンする。

富士山に日本一近いと言われる山梨県富士吉田市。「富士山がきれいに見える商店街」と称される富士吉田市本町通りは、千年以上続く繊維のまち、ファッションブランドの産地として発展してきたが、現在は空き家や空き店舗が増え、「シャッター商店街」と化しているという。

本町通りが起点となる同プロジェクトは、地域の伝統産業を活用した事業と地元の農作物を使用した運営を実施。空き家や空き店舗を活用し、内装のリノベーション、コンテンツ制作、クリエイターを誘致した長期運営で地域のさらなる活性化を目的とする。

千原徹也(れもんらいふ)が空き店舗をリノベーションした「喫茶檸檬」は、人々が集まるコミュニティーの場にしたいという想いから誕生。「朝食を食べる場所が欲しい」「夜ナチュールワインを飲める場所が欲しい」といった声を形にしたという。中川宏文(O.F.D.A)が設計し、中島盛夫が富士山の壁画を手掛けた。

メニューは谷祐二(HOUSE)が監修。おじや、檸檬拉麺をはじめ、ブランド魚「富士の介」を使った西京焼き、地元農園の野菜を使用したバーニャカウダ、甲州地鶏の唐揚げ、おにぎり、地酒、山梨県産のナチュールワイン、山梨県初登場の猿田彦珈琲が焙煎したオリジナルブレンドコーヒー、着物デザイナー斉藤上太郎によるオリジナルアイスなどが用意される。

今後は富士吉田市をロケーションにした映画の撮影や、喫茶檸檬を使ったワークショップなどを予定。

千原徹也(れもんらいふ)のコメント

「かわいいと、変と、富士吉田をまぜるとれもんになる。」

れもんらいふの新しいプロジェクトです。なんと、山梨県富士吉田市に喫茶店をオープンします。美味しいご飯が食べれます。珈琲スタンドもあります。楽しいコミュニケーションがあります。近所の人も遊びにきます。東京からも近いです。夜は僕も時々います。デザインする人もいます。れもんらいふの拠点になります。かわいいお店です。東京の人、クリエイティブ、カルチャーがあります。富士吉田の人、伝統、資源があります。本町通りに位置します。みんなが集まる場所になります。

でも、何が起きるかわかりません(笑)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加