広島県知事選挙 投票用紙の印刷 11月14日投開票

広島県知事選挙 投票用紙の印刷 11月14日投開票

  • 広島ニュースTSS
  • 更新日:2021/09/15
No image

TSSテレビ新広島

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

11月14日に行われる広島県知事選挙の投票用紙の印刷が行われています。

広島市内の印刷所では、15日朝から、県知事選挙と同時に行う県議会議員補欠選挙の投票用紙の印刷が行われています。

15日の1日で県知事選挙の投票用紙236万9600枚と県議会議員、広島市安佐南区選挙区の補欠選挙の投票用紙20万1750枚が印刷されるということです。

【県選挙管理委員会・上平毅 事務局長】

「前回の投票率は31.09%で過去3番目に低い投票率だった。今回の知事選ではPRと啓発に努めていきたい」

県知事選挙には今のところ、現職の湯崎知事が4期目を目指して立候補を表明しています。

県知事選挙と県議会議員の補欠選挙は10月28日に告示され、11月14日に投票が行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加