世話をしていた野良猫、6匹の我が子を窓の外に並べてお披露目にやってくる(カナダ)

世話をしていた野良猫、6匹の我が子を窓の外に並べてお披露目にやってくる(カナダ)

  • Techinsight
  • 更新日:2020/11/21
No image

トルコのイスタンブールの病院で今年4月、母猫が具合の悪い我が子をくわえて現れ話題になったが、カナダのある女性のもとには9月末、餌をあげて世話をしていた野良猫が子猫を連れてやってきたという。『The Dodo』『Bored Panda』が優しい女性と野良猫の温かい話題を伝えている。

No image

COMが引き取った5匹の子猫(画像は『Bored Panda 2020年11月16日付「Stray Cat Brings All Her Babies To A Woman Who Gave Her Food And Helped Her」(Image credits: Chatons Orphelins Montréal)』のスクリーンショット)

9月末のある日のこと、カナダ東部ケベック州に住むリサーネさん(Lisianne)の自宅に、メスの黒猫“ウサギ(Usagi)”が姿を現した。“ウサギ”は数か月前からふらりとやってくるようになり、リサーネさんはたびたび餌をあげていたのだが、その日は勝手が違った。

なんと“ウサギ”は子猫と一緒で、裏庭へと続くポーチに1匹ずつ子猫を連れてくると「これが私の子供たちよ」と言わんばかりにお披露目を開始。順番に6匹の子猫を連れてくると、リサーネさんに紹介するかのように並んでみせたという。

リサーネさんは“ウサギ”について「近くの野良猫の集団にいるのは知っていました。餌をあげ始めるとどんどん太っていき、最初は『餌を与え過ぎたかしら』と心配していたのですが、そのうち妊娠していることに気付いたのです。そうして赤ちゃんを産んでからはほぼ毎日、餌を食べにやって来るようになりました」と明かし、子猫をお披露目に来た日のことをこのように振り返った。

「6匹の猫を1匹ずつ連れてきた時には驚きましたが、『きっと子猫たちが安心して過ごせる場所を求めてやってきたのだろう』と7匹を家の中に招き入れ、地元のボランティアグループが運営する猫の保護施設『Chatons Orphelins Montréal(COM)』に連絡したのです。5匹は母親にそっくりな黒猫で、1匹だけ色が違っていました。」

「その後、色が違う1匹は友人が引き取り、黒い5匹はCOMが保護してくれることが決まりました。」

COMによると、黒猫はメスが3匹、オスが2匹で、引き取った当初は5匹とも結膜炎に罹り、呼吸がうまくできなかったそうだ。ただ“ウサギ”がリサーネさんに助けを求め、リサーネさんがCOMに連絡したことですぐに治療を行うことができ、5匹とも回復したという。

COMのスタッフはさらに「5匹は時間とともに私たちに甘えてくるようになり、楽しく遊ぶことで個性が出てきました。オスの1匹は足に障がいがあるため治療が必要ですが、COMでは現在、生後3か月になった5匹の引き取り手を募集しているところです」と述べ、巣立ちの準備を進めていることを明かした。

一方の母猫“ウサギ”だが、リサーネさんの家で暮らしており、リサーネさんは「避妊手術と予防接種を済ませ、“ウサギ”は正式に我が家の一員になりました。“ウサギ”はきっと子猫たちに助けが必要だということがわかっていたのでしょうね。5匹が元気になって本当に良かったと思います」とホッとした様子で語った。

なおこのニュースには、「私も同じ経験がある。猫は安全な場所がわかってるんだ」「夏の間餌をやっていた野良猫が、秋になって窓からうちの中に入って来たんだ。そしてその夜、2匹のオスを産んでね。うちで飼うようになってもう10年になるよ」「猫たちを助けてくれてありがとう」「あんな可愛い猫に並ばれて見つめられたら、家の中に入れないわけにはいかないわよね」「早く引き取り手が見つかるといいね」といった温かいコメントがあがっている。

画像は『Bored Panda 2020年11月16日付「Stray Cat Brings All Her Babies To A Woman Who Gave Her Food And Helped Her」(Image credits: Chatons Orphelins Montréal)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加