デーモン閣下 菅総理の「仮定の話は控える」発言に「官房長官じゃないんだから」

デーモン閣下 菅総理の「仮定の話は控える」発言に「官房長官じゃないんだから」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/13
No image

デーモン閣下

ミュージシャンのデーモン閣下が13日、TBS系「ひるおび!」で、菅義偉総理が7日の会見で、1カ月で新型コロナが終息しなかった場合のことを聞かれ「仮定の事は私からは控える」と話したことに「官房長官じゃないんだから」との思いを述べた。

番組では、7日の菅総理の会見を取り上げた。その中で1カ月で新型コロナが終息しなかった場合を聞かれた菅総理が「仮定の事は私からは控える」と語ったことを取り上げた。

これにMCの恵俊彰は「これは気合いです」「気合いは伝わるが、1カ月で負けた時はこうしますという計画が知りたい」と疑問を投げかけたが、政治評論家の田崎史郎氏は「政府の立場として言いづらい。1カ月後どうするというと、1カ月後に実現できないと想定している(と思われる)」と意見が真っ向対立する場面があった。

恵が「いろんな人に意見を聞きましょう」として、コメンテーターのデーモン閣下に意見を求めると「我が輩が思うのは、期間の問題ではなく、多分、恵さんは総理から1カ月、このぐらい数値が下がったら(緊急事態宣言を)延長しませんよ、でもこのぐらいの数字だったら延長しますよっていう、そういう具体的な言葉欲しいんでしょ」と質問。

恵は「そうです。目安です。目標です。それがあった方が僕はわかりやすい」と回答。

するとデーモン閣下は、菅総理が「仮定の事は私からは控える」としたことに「国のリーダーがそれを言っちゃダメなんだと思うんだよね」と恵の意見に同調。「官房長官じゃないんだから。官房長官の答えならそうかもしれないが、総理大臣は、これこれこういう理由だからこうしますと、国民に伝える必要があると我が輩は思うんだよね」と意見を述べた。

さらに所用で街へ出た際に同じ1日でマスクをしていない若者が5人もいたと訴え「これはどうなんだろうと。(菅総理の言葉が)伝わっていないんだね。伝わる言い方をした方がいい」との思いも語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加