俺にさわると危ないぜ、小林旭の出演作12本を東京・新文芸坐で上映

俺にさわると危ないぜ、小林旭の出演作12本を東京・新文芸坐で上映

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/06/09

特集上映「デビュー65周年記念 不滅のマイトガイ・小林旭」が6月13日から18日に東京・新文芸坐で開催される。

No image

「俺にさわると危ないぜ」

すべての画像を見る(全8件)

No image
No image

本特集では小林旭の“マイトガイ”という呼び名を定着させた「爆薬(ダイナマイト)に火をつけろ」のほか、「渡り鳥」シリーズの原型となった「南国土佐を後にして」、北海道を舞台にした「大草原の渡り鳥」、鈴木清順が監督を務めた任侠アクション「関東無宿」などが上映される。また、戦時中の隠匿物資をめぐる争奪戦を描いた「俺にさわると危ないぜ」もラインナップに並んだ。

デビュー65周年記念 不滅のマイトガイ・小林旭

2021年6月13日(日)~18日(金)東京都 新文芸坐
料金:一般 1450円 / 学生 1350円 / シニア 1200円 / 友の会 1150円

<上映スケジュール>

13日(日)

絶唱(1958年)
女を忘れろ

14日(月)

東京の孤独
「爆薬(ダイナマイト)に火をつけろ」

15日(火)

「南国土佐を後にして」
「大草原の渡り鳥」

16日(水)

「関東無宿」
無頼無法の徒 さぶ

17日(木)

黒い賭博師 悪魔の左手
「俺にさわると危ないぜ」

18日(金)

広域暴力 流血の縄張
ネオン警察・ジャックの刺青

(c)日活

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加