指揮官一問一答 広島・佐々岡監督は「9試合全部勝つつもりでやっていきたい」3位巨人と4・5差

指揮官一問一答 広島・佐々岡監督は「9試合全部勝つつもりでやっていきたい」3位巨人と4・5差

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

勝利してファンにあいさつする広島・佐々岡監督=マツダスタジアム(撮影・村本聡)

(セ・リーグ、広島5─3DeNA、24回戦、広島13勝9敗2分、14日、マツダ)広島は四回の鈴木誠の今季35号ソロなどで逆転勝利を飾り、3位巨人と4・5差に近づいた。先発・大瀬良が6回6安打2失点で9勝目。佐々岡監督の主な一問一答は以下の通り。

──大瀬良が今季9勝目

「先発として、主将として、エースとして、10勝は目標であると思いますし、きょうの勝ちは(大瀬良)大地にとってもチームにとっても大きいと思います」

──8安打3得点の打線

「(1点を追う四回の鈴木)誠也の一発で勢いづいた。(五回は)足を絡め、小園からいいつながりでタイムリーが出た。1番宇草も足があって相手も嫌がることもあったと思う。良い形で点が入って、良い流れができた。大瀬良が調子悪い中で、粘りながら6回まで、しっかり投げてくれたのが大きかったと思います」

──栗林が5─3の九回に登板。今季33セーブ目

「ストライク先行で、今日は安心して見ていました。ずっと抑えているわけですから。あと9試合ね、1年目で相当疲労がある中で、最後まで踏ん張ってほしい」

──3位巨人人に4・5差

「いや、まだまだね、というところではありますけど、でも選手、チームもそれが良いモチベーションというかね、あさって最後の1試合、巨人との最終戦(東京ドーム)があるので、まずそこへ集中して、もう1試合1試合、9試合全部勝つつもりでやっていきたいと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加