新型コロナウイルス感染&濃厚接触のため、小川良成、清宮海斗ら10名がNOAH1・16仙台を欠場...大会はカード変更で決行【週刊プロレス】

新型コロナウイルス感染&濃厚接触のため、小川良成、清宮海斗ら10名がNOAH1・16仙台を欠場...大会はカード変更で決行【週刊プロレス】

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2022/01/14
No image

14日、NOAHは1・16仙台サンプラザホール大会に出場予定の複数名が新型コロナウイルスに感染したため、また濃厚接触者にあたるため欠場することを発表した。

欠場選手は小川良成、宮脇純太、清宮海斗、稲村愛輝、岡田欣也、矢野安崇、スペル・クレイジー、タダスケ、稲葉大樹、田中将斗。田中はPCR検査は陰性だったが、体調不良のため欠場。該当選手は保健所&医療機関の指導に則り、自宅あるいは医療機関において療養中。濃厚接触者も自宅で待機。該当の選手&スタッフは昨年中に2度のワクチン摂取を済ませており、現時点で症状は落ち着いているという。

同大会の変更後カードは以下。

▼GHCヘビー級選手権

⑥<王者>中嶋勝彦vsマサ北宮<挑戦者>

※第36代王者の4度目の防衛戦。

▼GHCタッグ選手権

⑤<王者組>武藤敬司&丸藤正道vs拳王&征矢学<挑戦者組>

※第57代王者の2度目の防衛戦。

④潮崎豪&船木誠勝&キング・タニー&モハメドヨネvs杉浦貴&桜庭和志&藤田和之&ケンドー・カシン

③原田大輔vs吉岡世起

②HAYATA&進祐哉vs小峠篤司&大原はじめ

①NOSAWA論外&YO-HEY&鈴木鼓太郎vs覇王&仁王&亜烈破

今回の発表について清宮は以下のようにコメント。

「公式発表でもご案内させていただいたように、選手&スタッフが新型コロナウイルスにより、1月16日、仙台大会を欠場とさせていただきます。仙台大会を楽しみにしてたみなさま、本当に申し訳ありません。2022年は年始から日本武道館、横浜アリーナと一丸とやってきて、たくさん注目もしていただいて、自分自身もあらためてここからだと思ってたところなので、本当に残念です。

でも、こんな時だからこそ支え合って、力を合わせて、このコロナ禍を乗り越えたいと思います。ファンのみなさま、関係者のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、出場できる選手&スタッフで最高の大会を創り上げて、プロレスのチカラをお見せすることを誓います。

会場でご覧いただくみなさま、レッスルユニバース生放送でご覧いただくみなさま、ぜひNOAHの試合を見て元気を出してください。会場では拍手で、レッスルユニバースでは画面を通して、いつもと変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

ボクたちNOAHに力を貸してください! どうぞよろしくお願いいたします!!」

週刊プロレス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加