盗塁阻止率は驚異の.441 広島相手に炸裂した鷹“甲斐キャノン”が「完璧すぎ」

盗塁阻止率は驚異の.441 広島相手に炸裂した鷹“甲斐キャノン”が「完璧すぎ」

  • フルカウント
  • 更新日:2021/06/11
No image

正確な送球で二盗を阻止したソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】

10日の広島戦で8回に曽根の二盗を阻止した甲斐拓也

■ソフトバンク 1ー1 広島(10日・PayPayドーム)

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が10日に行われた広島戦で驚愕の“甲斐キャノン”を発動させた。矢のような送球で二盗を阻止し、ファンも「完璧すぎやろ」と絶賛している。

1点のビハインドで迎えた8回。1死から広島のクロンが右前安打を放って出塁すると、代走の曽根が二盗を狙いスタートを切った。外角の真っ直ぐに宇草のバットが空を斬ると“キャノン”発動。素早いステップから弾丸のようなストライク送球を投じ、盗塁を阻止した。

今季ここまでリーグトップの盗塁阻止率.441を誇る甲斐。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「【鯉の盗塁】甲斐拓也が流れ引き寄せた『甲斐キャノン炸裂』【許しません】」と動画を公開すると、ファンから「送球完璧すぎやろ」「もちろん肩も強いけど、捕ってからの速さとコントロールが良すぎる」「タッチも上手すぎる」と絶賛の声が。また「3年前にも見た光景」「日シリを思い出した」と広島相手に6連続盗塁阻止を決めた2018年の日本シリーズを引き合いに出すファンもいた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加