卵焼きを綺麗に仕上げるには?じょうずに卵焼きを焼くポイント

卵焼きを綺麗に仕上げるには?じょうずに卵焼きを焼くポイント

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/09/15
No image

子どもから大人までみんな大好き卵焼き! お弁当や食卓の彩り、メインも脇役もこなす万能選手ですよね。みなさんの卵焼きは綺麗な仕上がりになっていますか? 今回はそんな卵焼きについての投稿です。

『綺麗に焼きたいんだけど、どうしたらできるかな?』

卵焼きを綺麗に仕上げたい投稿者さんにママたちからたくさんのアドバイスが届きました。

まずは卵の混ぜ方をマスターしよう

卵を焼く前に、まずは「混ぜ方」にポイントがあるようですよ。

『卵を混ぜるときグルグル混ぜない。前後にシャカシャカ混ぜる』

『箸で混ぜるなら、白身を切るようにして混ぜないと黄色と白のまだらになる』

『菜箸を立ててもって卵をきるようにまぜる。それでダメならザルで1回こす』

『卵を混ぜるとき、一方向に混ぜる。器の真上から見て、お箸を上下に混ぜ、さらに器を90度回転させてまた上下に動かしてまぜる』

卵を普通に混ぜるだけでは綺麗には仕上がらないのだとか。卵を混ぜるとき「丸をかくように混ぜるのではなくタテに切るように混ぜる」を意識しているママが多いようです。まずはママたちが提案している混ぜ方を試してみてはいかがでしょうか。ほかにも混ぜた卵をザルでこすママもいましたよ。料亭のようなきめ細やかな仕上がりが期待できそうです。

焦げ目のない綺麗な卵焼きを目指すには

火加減がポイントです!

『弱火で焼く』

『焼くときは弱火にしてじっくり時間かける』

ママたちが実践しているなかで多かったのが、弱火で焼いていくこと。綺麗な表面に仕上げるためには強火ではなく、ひたすら弱火で「じっくりじっくり」がポイントのようですよ。お弁当作りの時間などはついつい焦って焼いてしまうものですが……じっくり弱火で焼くことで焦げ目のない綺麗な卵焼きが作れるかもしれません。

美しい“黄色い”卵焼きへの道

お弁当屋さんの卵焼きや料理本で見かけるあの綺麗な黄色い卵焼き。あれはプロの技なのでは? と思っていましたが、ママたちはコツを掴んでいるようです。

『少しずつ卵液を流して巻いていけば綺麗な色に仕上がるよ』

『黄色を濃くしたいなら高い卵かSサイズとかにする。焦げないようにしたいなら火を弱めるか糖分を減らす』

『安すぎない卵を使うこと。いやこれほんとに。安い卵は色が薄い』

『みりんを少し入れると黄色くなるよ』

ママたちが何度も試行錯誤しながらたどりついた作り方なのではないでしょうか。卵のサイズや値段で色が変わることもあるという情報もありました。

入れる調味料にもひと工夫

『醤油使わない。白だし』

『酢を少し入れるといいよ』

『うちは白だしとマヨネーズで味付け』

卵焼きを作るときにママたちが入れている調味料も各家庭さまざまでした。綺麗な卵焼きを作ることを第一に考えると、色の濃すぎる調味料は避けるべきなのかもしれませんね。白だし、酢、マヨネーズは多くのママがプラスして入れている調味料でした。どんな味や食感になるのでしょうか。まだ使ったことがないというママはぜひ取り入れてみてくださいね。

食卓に綺麗な卵焼きが並んだら家族も喜びますよね。登場回数の多い卵焼き、思い通りの卵焼きを作れるようになりたいものです。ママたちのアドバイスを参考にぜひいろいろな工夫を取り入れてみてくださいね。

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加