アーティスト活動10周年を迎える寺島拓篤が語る、これからの音楽活動への思い/アーティスト活動10周年記念インタビュー(5)

アーティスト活動10周年を迎える寺島拓篤が語る、これからの音楽活動への思い/アーティスト活動10周年記念インタビュー(5)

  • FutabaNetPortal:ふねぽ
  • 更新日:2022/05/14
No image

寺島拓篤

2022年6月にアーティストデビュー10周年を迎える寺島拓篤に、単独インタビューを敢行! 5月11日リリースのベストアルバム『LAYERING』には、シングル・アルバムのリードトラックと書き下ろし新曲、さらには寺島自らがセレクトした楽曲を収録した豪華2枚組。全5回のインタビューのうち、最終回は、これまでのライブの思い出と10周年ライブについて語ってもらいました!

関連:木村良平インタビュー(1)幾原邦彦監督は「目がキラキラしている、少年のような人」/劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』(『輪るピングドラム』)特集

※ ※ ※

ライブ前は毎回“みんなを楽しませるにはどうすればいいかな”と ものすごく考えます

No image

2018年10月17日発売8thシングル「Nameless Story」 (TVアニメ『転生したらスライムだった件』オープニング主題歌)©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ーーこれまでのライブで印象に特に残っている曲を教えていただけますか。

僕の友人がアニソンフェスを観に来てくれたことがあるのですが、「Nameless Story」を歌ったときの光景を「会場をあんなにウルトラオレンジいっぱいにした男の人は見たことがない」と言っていたんです(笑)。その言葉がとても印象的に残っているので、フェスで歌う「Nameless Story」は少し特別な曲になったように思います。

ーーウルトラオレンジに染まった光景を見たかったです!

自分のライブではなくアニソンフェスでそんなことが起きたのは「Nameless Story」が初だったのでうれしかったです。この曲は「転生したらスライムだった件」のオープニング主題歌なので、ペンライトをスライムっぽい水色にしてくださる方もいて。「おれパラ」ではメンバーカラーが黄色なので、この曲のときだけ黄色から水色に変えてくれたりすることもありましたね。ライブはみなさんがペンライトで演出として参加してくれるのがいいですよね。

ーーさまざまな参加アーティストのファンの方がペンライトで一体感を感じられるのが、フェスの醍醐味でもありますよね。

フェスの場合はお客様の中には僕のことを知らない方もいらっしゃるので、「Buddy, steady, go!」のときに会場の上階は白、真ん中は水色、下のフロアは赤色にペンライトの色を変えてもらって、会場全体をウルトラマンカラーにしたこともあります(笑)。フェスのときは“ペンライトをこの色に変えてみて!”と煽ったりして自分自身も楽しんでいます(笑)。

No image

2019年8月28日発売10thシングル「Buddy, steady, go!」

ーー5月29日には大阪城野外音楽堂、6月18日には神奈川県民ホール大ホールで10周年記念ライブ「10th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE 2022 EX STAGE -LAYERING-」が行われますが、現時点ではどのようなライブになりそうですか。

まだ何も決まっていないので、いますごくドキドキしています(笑)。ライブ前は毎回“みんなを楽しませるにはどうすればいいかな”とものすごく考えますし、心配しなくていいことまで気にしてしまうんですよね。そういえば青木繁男さんが羽多野渉くんのライブに参加したときに僕のライブについて話をしたらしく、「てらしーはなんであんなに自分を追い込むだろう」って羽多野くんが言っていたと教えてくれたんです。それを聞いて“なるほど…端から見てもそう感じるのか”と少し驚いてしまって(笑)。

ーーお話を伺っていても、寺島さんのストイックさが伝わってきます。

不安な気持ちを払拭するためにもストイックにやっていきたいと思っています。特に今回は10周年記念ライブですし、大阪は野外で神奈川はホールというこれまでやったことのない形式なので、どちらも“観にきて良かった!”と思っていただけるようにしっかりと準備をしなければいけないなと。ちなみにセットリストには『LAYERING』に入っていない曲もやると思います。『LAYERING』で初めて僕の曲に触れる方もいらっしゃると思いますが、そこを入り口としてライブにお越し下さった際には“こんな曲もあるの?”と驚いてもらいたいですね。今回聴きたかった曲がセットリストになかった場合はぜひ次のライブにも来ていただきたいですし、いままでのライブDVDに入っているかもしれないので探してみてください。

ーーみなさん、すでにセットリストを予想してドキドキしているのではないかと!

僕もオタクなので、そのドキドキはめっちゃわかります(笑)。でも、ライブが終わって「あの曲やってくれた! あの曲はやらんのか〜い!」って、言い合えるのも楽しいので、ぜひ予想してお越しいただき、会場で答え合わせをしてもらえたらうれしいですね(笑)。

文/奥村百恵

※※※※※

「WEB声優MEN」の寺島拓篤インタビュー&関連記事はコチラ

≪INFORMATION≫ 寺島拓篤 Best Album「LAYERING」 好評発売中

【初回限定盤】
5,500円(10%税込価格 6,050円) / LACA-39892~3 CD(2枚組)+オリジナルグッズ「TAKUMA TERASHIMA 10th Anniversary リボンキーホルダー」

【通常盤】
3,500円(10%税込価格 3,850円) / LACA-9892~3 CD(2枚組)

[DISC 1]
歴代シングル・アルバムのリードトラックと書き下ろし新曲を含む計16曲収録
Architect
magic words
スターテイル
SCARLET SIGN
Prismatic World
INNER STAR
0+1
sunlight avenue (TVアニメ『SERVAMP-サーヴァンプ-』ED主題歌)
evolve
ID
Nameless Story(TVアニメ『転⽣したらスライムだった件』オープニング主題歌)
メグルモノ (TVアニメ『転⽣したらスライムだった件』オープニング主題歌 第⼆弾)
Buddy, steady, go! (『ウルトラマンタイガ』オープニングテーマ)
UNBREAKABLE
Reincarnate (TVアニメ『転⽣したらスライムだった件 第2期』エンディング主題歌 第⼆弾)
GRATEFUL LAYERS

[DISC2]
寺島拓篤セレクション これまでリリースした全楽曲の中から寺島拓篤⾃らがセレクト!
ファントムライツ (スマートフォンアプリ『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』主題歌)
MONSTER
HERO
ビビッドナイトフィーバー!
JUMBLE TOWN
Special Day
あいのうた
君の季節
光の在処
WHAT A WONDERFUL WORLD!

PROFILE
寺島拓篤 てらしま・たくま
⽯川県出⾝、12⽉20⽇⽣まれ。アクセルワン所属。TVアニメ「創聖のアクエリオン」アポロ役で華々しいデビューをかざり、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』⼀⼗⽊⾳也役やTVアニメ『EDENS ZERO』シキ・グランベル役などの主役をはじめ、多数のアニメ・ゲーム作品の声をあてる⼈気の男性声優の⼀⼈。数々のキャラクターソングを歌いこなす歌唱⼒の⾼さと、ライブパフォーマンスも業界屈指。
2022年6⽉にアーティスト活動10周年を迎える。

【寺島拓篤 アーティスト公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UC2XXSJBvNygj81VPOJmCu-g
【寺島拓篤 Twitter】
https://twitter.com/Terashima_dayo
【寺島拓篤 アーティストHP】
https://www.lantis.jp/artist/terashimatakuma/

木村良平インタビュー(1)幾原邦彦監督は「目がキラキラしている、少年のような人」/劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』(『輪るピングドラム』)特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加