貴景勝が1敗守る 幕尻・志摩ノ海に大関の貫禄 照ノ富士は2敗キープ

貴景勝が1敗守る 幕尻・志摩ノ海に大関の貫禄 照ノ富士は2敗キープ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

志摩ノ海(右)を押し出しで下し、1敗を守った貴景勝(撮影・出月俊成)

「大相撲11月場所・13日目」(20日、両国国技館)

1敗の2力士、大関貴景勝(千賀ノ浦)と、幕尻の志摩ノ海(木瀬)が結びの一番で対戦した。こらえる相手を貴景勝が押し出し、1敗を守って優勝争い単独トップに立った。

貴景勝は突いて出ようとするが、志摩ノ海も下からあてがって対抗する。その中でも大関は慌てず、はたきで大きく相手の体勢を崩すと、そのまま押し出して決着をつけた。

三役に復帰した元大関の小結照ノ富士(伊勢ケ浜)は竜電(高田川)を押し出し、11勝2敗とした。4敗目を喫した竜電は優勝争いから脱落した。

関脇同士の対戦は、隆の勝(千賀ノ浦)が御嶽海(出羽海)を押し倒して、7勝6敗とした。敗れた御嶽海は6勝7敗と後がなくなった。

14日目は2敗の照ノ富士と志摩ノ海が対戦するため、14日目に貴景勝の優勝が決まることはない。

【成績上位力士】

▽1敗 貴景勝

▽2敗 照ノ富士、志摩ノ海

【14日目の成績上位力士取組】

貴景勝-御嶽海

照ノ富士-志摩ノ海

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加