M-1ラストイヤーだったランジャタイ、国崎の新型コロナ感染で無念の敗者復活戦辞退 ファン涙

M-1ラストイヤーだったランジャタイ、国崎の新型コロナ感染で無念の敗者復活戦辞退 ファン涙

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

お笑いコンビ「ランジャタイ」伊藤幸司が、25日までに自身のツイッターを更新。国崎和也の新型コロナウイルス感染のため、12月18日に開催する漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2022」(ABCテレビ・テレビ朝日系列24局、生放送)の敗者復活戦となる「ワイルドカード枠」を辞退することを報告した。

No image

お笑いコンビ「ランジャタイ」の国崎和也(左)と伊藤幸司

今年がM-1出場権を持つ“ラストイヤー”だったランジャタイ。だが、17日に発表された準決勝進出27組の中にコンビの名はなかった。伊藤は同日にツイッターで「いやだ」「どうしようもなく国崎くんの人生で、 どうしようもなく僕の人生でした それでもあきらめたくないよー」と投稿し、悔しさをにじませた。

2人は、2015年から導入された、準々決勝の敗者の中から1組だけが復活できる「ワイルドカード枠」に望みをかけていたが、24日に所属事務所が国崎の新型コロナウイルス感染を発表。ワイルドカード辞退を余儀なくされた。

伊藤は「ワイルドカード、お願いしておいて途中で降りてすみません!たくさんたくさん再生していただいたファンの皆様に、心よりの謝罪と、心よりの感謝を申し上げます」と謝罪と感謝をツイート。「国崎くんは大丈夫そうですのでそれがなによりよかったです~」と国崎の体調について言及した。

また、来年以降出場権を持たない同大会については「M-1グランプリ今までありがとうございました!見て憧れ出てすべって何回落ちてもやって敗者復活やっと行ったと思ったら最下位2連くらって念願の決勝行ってまた最下位なってずーっとわくわくしてとっても楽しかったです!チャンピオンにはなれませんでした 1回決勝行けてラッキラッキー!さよなら!」と思いを吐露。ファンからは「ランジャタイ、国崎さんコロナ感染でワイルドカード間に合わないの泣いた」「謝らないでください、、、ファンはみんな好きで見てたんです、ワクワクさせてくれてありがとう!」「とてもお辛い時に誠実なツイートをどうもありがとうございます!伊藤さんのM-1に対する真剣さがとても素敵で、再生することでランジャタイを応援できて楽しかったです」「M-1に向けてランジャタイを応援する日々が、とっても楽しかったです!何度も何度も観たくなる漫才を、いつもありがとう」と惜しむ声が多く寄せられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加