大谷翔平、ドヤ顔3ランの背後に米注目 興奮しすぎたファンに「楽しまないと」の声

大谷翔平、ドヤ顔3ランの背後に米注目 興奮しすぎたファンに「楽しまないと」の声

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/06/23
No image

9回に同点弾を放ち、吠えるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

一塁側から見た大谷翔平の劇的3ランとは

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ロイヤルズ戦で2本塁打を含む4打数3安打8打点と大暴れした。3点を追う9回1死一、二塁に右翼席へ同点15号3ラン。敗戦目前の一撃にスタンドでは頭を抱えるファンもいた。MLB公式が一塁側から撮られた動画を公開。米ファンから「いい仕事したら楽しまないと」「永遠に見ていたい」と熱狂した様子のコメントが上がった。

大谷の一撃が心を揺さぶった。7-10の9回1死一、二塁。カーブを完璧に捉え、飛距離438フィート(約133.5メートル)の同点15号3ランを放った。確信の仁王立ちで打球を見送り。背後の三塁側ベンチ上の客席から打球を見送るファンは頭を抱えた。拍手喝采、狂喜乱舞。この日2本目の3ランだった。

動画を公開したMLB公式ツイッターは、文面に「立ち止まって見詰める、ショウヘイ!」と記して投稿。米ファンは「悪魔モードだ」「ループ再生で永遠に見ていたい」「彼は野球を簡単に見せるよね」「勝負強すぎだろ」「いい仕事したら楽しまないと」「あと、彼は翌日の先発投手だからね」と注目した。

6回の14号3ラン、犠牲フライ2本を含めてこの日は自己最多の8打点。だが、エンゼルスは延長11回に勝ち越しを許し、11-12で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加