森保監督、複数システムに好感触。4-2-3-1、3-4-3、5-4-1...冨安健洋が右SBに。鎌田大地&三笘薫のゴールで、日本代表が米国代表に2-0勝利

森保監督、複数システムに好感触。4-2-3-1、3-4-3、5-4-1...冨安健洋が右SBに。鎌田大地&三笘薫のゴールで、日本代表が米国代表に2-0勝利

  • サカノワ
  • 更新日:2022/09/23
No image

アメリカ戦で試合を決定づける2点目を突き刺した日本代表の三笘薫。(Photo by Lars Baron/Getty Images)

「選手たちがピッチ内で修正し戦えたことが良かった」。27日はエクアドル代表と対戦。

[キリンチャレンジカップ] 日本代表 2–0 アメリカ代表/2022年9月23日14:25(日本時間21:25)/エスプリ・アレーナ(ドイツ)

カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表を前にした9月シリーズ2連戦の1試合目。日本代表が鎌田大地と三笘薫のゴールで、アメリカ代表に2-0の勝利を収めた。

FIFAランキングは日本24位、アメリカ14位。森保一監督はまず4-2-3-1を採用。センターフォワードに前田大然、トップ下に鎌田大地、右MFに伊東純也、そして左MFに久保建英が配置されてスタート。若手主体で試合直前にはケガでメンバー変更を余儀なくされたアメリカに対し、日本が試合をコントロールする。

13分、前田のプレッシングからこぼれたボールを久保がつなぎ、最後は鎌田が決定的なショット! しかし、これはGKに阻まれる。

それでも25分、伊東から守田英正を経由し、オフサイドぎりぎりで鎌田がゴール! 副審はオフサイドと判定したが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を経て、微妙ではあったがオンサイドで、ゴールが認められた。

日本はハーフタイムを挟み、転倒して腰付近を打った権田修一からシュミット・ダニエルに交代。さらに町野修斗、伊藤洋輝がピッチに立つ。伊藤がCBに入り、冨安健洋は右SBへ。そしてそのあと加わった三笘が88分、得意のカットインからゴール! 途中からは冨安、吉田麻也、伊藤の3バック(3-4-3)、最後は原口元気と中山雄太が加わる5バック(5-4-1)で試合を締めた。

森保監督は「勝負事なので、もちろん勝利できて嬉しく思います。選手たちがしっかり意思統一して、上手くいかないこともありましたが、ピッチ内でいろいろな修正をしながら戦えたことが良かったです」と、手応えを得ていた。

日本は27日、同会場で同じくカタールW杯出場国であるエクアドル代表と対戦する。

【注目記事】
【日本代表 市場価格ランキング】堂安律が久保建英を抜く。1位「31億円超え」はあの二人!Jリーグ1位は浦和の酒井宏樹だが…

【日本代表システム考察】久保建英+鎌田大地の共存、「2トップ+トップ下」をアメリカ代表戦で見てみたい!

【Jリーグ入場料収入 増減ランキング】1位は鳥栖2.5億円増!2位名古屋、3位浦和、4位FC東京…。松本10位、新潟12位、大宮13位、仙台14位と健闘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加