小学校に“脅迫電話” 14歳少年を書類送検

小学校に“脅迫電話” 14歳少年を書類送検

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2021/09/15

北九州市の小学校の留守番電話に「全員1人残らずぶち殺す」と脅迫メッセージを残すなどしたとして、15日、14歳の少年が書類送検されました。小学校は休校措置を取るなど騒ぎとなっていました。

威力業務妨害と脅迫の疑いで書類送検されたのは、北九州市門司区に住む中学生の少年(14)です。

警察によりますと、少年は、先月末、西門司小学校の留守番電話に「全員1人残らずぶち殺す」と音声を残し、臨時の休校措置を取らせるなど学校の業務を妨害した疑いがもたれています。

留守番電話には、発信元の携帯電話番号が記録されていて、警察は、番号をたどって少年を特定、その後、任意で事情を聴いていました。少年は、「イライラした気持ちを解消するためにやった」と容疑を認めています。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加