磯村勇斗主演、SNSから生まれる若者の社会問題を描くオムニバススリラー

磯村勇斗主演、SNSから生まれる若者の社会問題を描くオムニバススリラー

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/06/11
No image

ABEMAオリジナルドラマ『箱庭のレミング』(6月17日スタート、全4話)ストーリーテラー兼、第4話「Not Famous」の主演を務める磯村勇斗 (C)AbemaTV

動画配信サービス「ABEMA」で新作オリジナルドラマ『箱庭のレミング』(17日スタート、毎週木曜 後10:00~、全4話)が独占配信される。「過剰な承認欲求」、「間違った正義感」、「ネットストーキング」といったSNSから生まれる若者の社会問題をリアルに描く、4部作のオムニバスSNSスリラー。ストーリーテラー兼主演に俳優・磯村勇斗、各話主演に見上愛、岡山天音、須賀健太ら。監督は、映画『新聞記者』、『ヤクザと家族』で注目を集める藤井道人の総指揮のもと、山口健人、川島直人、下田彦太らが務める。

【写真】各話の主演を務めるキャスト

インターネットの普及と共に、多くの人が情報収集やコミュニティの場として利用し、今や日常の一部となっている「SNS」。本作は、そんなSNSの魅力に囚われた若者たちの“心の闇”や“恐怖”を、圧倒的緊張感で描き出すミステリー作品。

17日の第1話は、過剰な承認欲求をテーマにした「不純ないいね」。SNSでの投稿がバズったことをキッカケに、エゴと醜い本心をむき出しにしながら、実の姉と対立する女子高生モデル役を女優の見上が演じる。“いいね”への欲望に駆られた姉妹の戦いは次第に過激化し、周囲を巻き込み取り返しのつかない大事件へと発展…。承認欲求に囚われた若者の“心の闇”の行く末をリアルに描く。

続く、第2部「私刑倶楽部」は、SNS上での間違った正義感を題材にした作品。個人を晒しあげる裏サイト「私刑倶楽部」による炎上がきっかけで、自宅への嫌がらせや暴行被害を受けてしまう主人公を俳優の岡山が演じる。間違った正義感によって、人生を破滅させられていく炎上スリラーとなっている。

個人情報を特定するネットストーキングがテーマの第3話「名探偵S」では、ネットストーキング事件のニュースを知り、興味本位からそのアイドルの自宅住所を特定し始める大学生役を俳優の須賀が演じる。“アイドルが投稿する部屋の景色などから住所を特定する”という探偵ごっこのつもりが、とんでもない事件に巻き込まれていき…だれもが当事者になりうる、ネットストーキングの恐怖に切り込んだストーリーとなっている。

そしてラストとなる第4話の「Not Famous」では、フォロワー数を増やすために過激な行動に走る若者を、本作のストーリーテラーでもある磯村が演じる。チャンネル登録者数2000人に満たないライブ配信者が、“人気者になりたい”という夢を叶えるべく間違った方法で注目を集める、その行く末は…?

総指揮を務める藤井監督、ストーリーテラー兼、「Not Famous」の主演を務める磯村のコメントは以下のとおり。

■藤井道人監督
SNSは、私たちの生活にとってとても大きな役割を果たしていると思います。新しい人格、新しい情報、新しいコミュニティ。使い方を間違いさえしなければ、私たちの生活をより豊かにしてくれるものでしょう。本作は、SNSによって人生を踏み外した若者たちの4つの物語です。SNSという箱庭の中に囚われた彼ら彼女たちの顛末が、観てくださった方々のSNSと向き合って生きていく気付きになればと思います。

■磯村勇斗
一昔前はSNSを利用する。だったのが、今やSNSに侵されている。そんな世の中になっているのではないかと危機感を覚える現在のSNS文化。色々な情報が手に入り、世界と繋がることもできる便利な時代にはなりましたが、広いようで実は狭いこの「箱庭」は、使い方、考え方を一歩間違えると自分を滅ぼしてしまう気がします。この作品では、そんなSNSに囚われた人々が、人気者になりたい、「いいね」が欲しいという自己承認欲求から、どんどん崩壊していく狂気じみたスリラーストーリーになっています。この作品が、今一度「SNS」との付き合い方を考えるきっかけになればと思います。

■初回URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/A2AmnSy7Y3JeKH

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加