きのこたっぷり♪ 焼き上がりが楽しみ!「鯛と秋野菜の包み焼き」

きのこたっぷり♪ 焼き上がりが楽しみ!「鯛と秋野菜の包み焼き」

  • ひろしまリード
  • 更新日:2021/09/15

おうち時間を盛り上げてくれる、鯛を使った秋のごちそうをご紹介します。
他のお料理にも使える万能ソースがポイントです。

| 鯛と秋野菜の包み焼き

No image

鯛と秋野菜の包み焼き (C)HOME

☆おいしくポイント
・旬の味覚「きのこ」をたっぷり入れましょう。しいたけは軸まで全部使います。
・きのこソースは多めに作って冷凍すれば、肉料理やパスタなど他の料理にも使えます。
・オーブン用シートは、折り目をしっかり付けて包むことで密閉効果が高まります。

【材料(2人分)】
鯛(切り身)  2切
きのこ     100g
(まいたけ・エリンギ・しいたけなどお好みで)
玉ねぎ     1/2個
にんにく    1片
なす      1本
かぼちゃ    80g
ししとう    4本

酒       50cc
バター     10g
塩       小さじ1

【作り方】
~下ごしらえ~
① 鯛(2切)は表面に切れ目を入れて塩をふり10分置く。水分が出たらふき取る。

② かぼちゃは薄切りにし、水を少しかけたらラップをし、電子レンジで5分加熱(600W)。

③ なす(1本)は薄切りに、ししとう(4本)は包丁で切れ目を入れる。

~きのこソース作り~
④ きのこ類(100g)は、全てみじん切りに。しいたけは、軸も一緒にみじん切り。

⑤ 玉ねぎ(1/2個)とにんにく(1片)をみじん切りにし、フライパンにオリーブ油をひいて炒める。
玉ねぎの色が変わったら、④のきのこ類を入れ、塩(小さじ1)をふって再度、炒める。全体に火が通ったら、酒(50cc)を入れて軽く煮詰める。

⑥ オーブン用シートに、⑤きのこソース、①鯛、②かぼちゃ、③なす・ししとうを並べて全体を覆うように包む(アルミホイルでも代用可)。
予熱であたためたオーブンに入れ、250℃で30分、焼く。仕上げにバター(10g)をのせると風味が増し、さらにおいしさUP!

盛り付けはワンプレートで。料理とはっきり差が出る色使いの器を選ぶとおしゃれに仕上がります。
作り方はこちら(動画)

広島ホームテレビ『5up!』(2021年9月14日放送)
#らくらく おしゃレシピ」 (料理監修:㈱リプロ)
☆お料理動画とレシピを公開中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加