女子長距離のレンゲルクがドーピング違反で資格停止 5000mでドーハ5位、東京五輪ファイナリスト

女子長距離のレンゲルクがドーピング違反で資格停止 5000mでドーハ5位、東京五輪ファイナリスト

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/09/23
No image

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

不正監視を行う世界陸連(WA)の独立機関アスリート・インテグリティ・ユニット(AIU)は9月21日、女子長距離のL.K.レンゲルク(ケニア)に、ドーピング違反で10ヵ月の資格停止処分を科すことを発表した。

今年1月の検体から禁止物質のレトロゾールが検出されたため。処分期間は22年4月19日から23年2月18日まで。また、22年1月20日以降の成績は取り消される。レンゲルクは19年ドーハ世界選手権5000mで5位に入っており、東京五輪でも決勝に進み12位だった。

ケニアで資格停止処分を受けているのは8人目。同国は2016年からドーピングリスクの高いカテゴリーAに指定されている。ケニア陸連は9月7日付で、10月1日からトレーニングキャンプに滞在する関係者・選手の詳細の登録を開始することを発表しており、ケニア人を指導するコーチについては就労証明や連絡先詳細の提出が要求されている。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加