ブルワーズ守護神ヘイダー、開幕から登板13試合連続セーブのMLB新記録

ブルワーズ守護神ヘイダー、開幕から登板13試合連続セーブのMLB新記録

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

マーリンズ戦で力投するブルワーズの守護神ヘイダー(AP)

<マーリンズ1-2ブルワーズ>◇13日(日本時間14日)◇ローンデポパーク

ブルワーズの守護神ジョシュ・ヘイダー投手が、開幕から登板13試合連続セーブのメジャー新記録を達成した。MLB公式サイトが報じている。

ヘイダーは、ブルワーズが1点を勝ち越した直後の9回裏から登板。3者凡退で試合を締めくくり、1994年のリー・スミス(オリオールズ)、2005年のホセ・メサ(パイレーツ)が残していた12試合の最長記録を塗り替えた。

なお、ヘイダーは昨季から34試合連続および32回2/3イニング連続で無失点を継続している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加