「あ、ビッグボスだ」新庄監督の異例謝罪にオリ杉本「大丈夫っすよ」やりとり判明

「あ、ビッグボスだ」新庄監督の異例謝罪にオリ杉本「大丈夫っすよ」やりとり判明

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

3回、この試合2度目の死球を受け、怒りをあらわにした杉本(右)をなだめる新庄ビッグボス(中央)=撮影・高部洋祐

「オリックス3-1日本ハム」(6日、京セラドーム大阪)

日本ハム・新庄監督が試合後、一触即発の騒動を収束させたやり取りを明かした。

三回、オリックス杉本が2打席連続死球を受けると、マウンドの田中をにらみつけ、怒りをにじませた。ベンチから両軍の選手が出てくる事態に発展。球場が騒然となった。

だが、ここで新庄ビッグボスが杉本の元へ向かい、一言二言、声を掛けた。監督自らが異例の直接謝罪。怒りの杉本だったが、これに一転笑顔で対応し、スタンドからは拍手が起こった。

試合後、新庄監督は「いいバッターにはインコースのシュートを投げないといけないが、ぶつけるまでのコントロールのなさは良くない。ぎりぎりで攻めて攻めて、攻める分にはいいけど。2回も当てたら、そりゃ怒るよ」と田中に苦言を呈し、杉本の反応を理解。

杉本とのやり取りについては「インコース、いかないと仕方ないから悪いことしたね」と伝えたところ、「あ、ビッグボスだ」と反応があったという。

監督が試合中に相手選手へ謝罪することは珍しいが、「あ、そう。前回も当てているし。ピッチャーの技術の問題。(杉本は)『全然、大丈夫っすよ』と。二回くらい言ってました。『ビッグボスだ。ビッグボスだ』」と振り返った。

その後、次打者の宗にも声をかけていたが、「昨日、危ないとこいったからまた来るよ。ごめんね、コントロール悪いから。って。そしたら『大丈夫っす』。笑かそうとはしてないんだけど」と明かした。

杉本は7月19日の対戦でも田中瑛から死球を受けており、初回の死球でも不穏な空気が流れていた。球審からは両チームへの警告が宣告された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加