ベイル、ユナイテッドへのローン移籍を了承か...残る障害は年俸問題

ベイル、ユナイテッドへのローン移籍を了承か...残る障害は年俸問題

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/09/15
No image

ユナイテッド移籍を了承したと言われるベイル

『The Times』などの英メディアは、レアル・マドリーのFWガレス・ベイルがマンチェスター・ユナイテッドへのローン契約を了承したと報じた。

ジェイドン・サンチョの獲得が難航しており、ユナイテッドは代わりにベイルの獲得を検討している。

しかし、まだ楽観視は出来ない。大きな障害としてウェールズ人がレアル・マドリーで受け取る1500万ユーロ(18億円)もの年俸問題が挙げられる。

ベイルはこの金額以下を受け取ることを拒んでいるため、マドリーが年俸の一部を引き受けるのか、マンチェスター・ユナイテッドが経済的に努力をするのかを見守る必要があるだろう。

いずれにしても、ベイルはジダンにのカウントに入っていないのは事実であり、この機会は彼の将来を開く可能性があるのと同時に、レアル・マドリーにとっても2022年6月30日に契約を終了する元トッテナムの選手を手放すチャンスと言える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加