盗られた、隠された...妄想症状が強い認知症患者との過ごし方

盗られた、隠された...妄想症状が強い認知症患者との過ごし方

  • 幻冬舎ゴールドライフオンライン
  • 更新日:2021/10/14
No image
No image

メンタル症状と認知症

認知症は脳の病気であり、一方、メンタルな症状も脳の働きが原因なので、認知症が原因で精神症状が出てくることがあります。認知症が中等度に進行してくると、BPSD(behavioral and phychological symptoms of dementia、認知症による行動・心理症状)と呼ばれる異常行動などがしばしば見られます。

典型的な症状としては、実際には見えたり聞こえたりしないのにそう感じる幻視・幻聴、物盗られ妄想や被害妄想などの妄想、自分の意思に反した時などに強く見られる暴言や暴力、そして徘徊などです。

これらの症状が出る背景として、認知症には知能の低下やそれによる理解力の低下があります。わからない、理解できないので、不安に感じたり、怖く感じたりして、幻覚を感じ、妄想を信じ込み、反応として暴言や暴力が出てしまいます。

自分の時計や財布をどこかに置いてしまい、でも置いたことはすっかり忘れているので、自分が置き忘れたという自覚はありません。今、自分の財布がない、という事実があるだけです。誰かが盗ったのだろう、そうすると身近にいる人がやったに違いない、と理論づけてしまいます。不思議なことに、そう理論づける神経回路は働いているわけです。

こういった認知症に伴った精神症状は、比較的理解しやすく、対応の仕様があります。本人の訴えを、頭ごなしに否定せず、相槌を打ちながら聞いていると、しゃべっているうちに気持ちが落ち着いてくることが良くあります。また、物忘れの進行もあり、こだわりもそう長続きはしないので、気分を変えてほかのことを考えるように仕向けることができたりします。

ところが、認知症の高齢者の中には、強いメンタルな症状を表す人もいて、そういう場合には対応がとても困難になります。

特徴としては、まず知能は比較的高いことが多いです。そのため認知症の知能テストをしても検出されず正常と言われて、認知症と診断されないことがあります。しかも、そういう人は、テストされるとなると、普段よりも頑張って良い点数を出そうとします。

さらに、相手を見て態度を変えることがしばしば見られます。病院に行ったり、診察の場では、神妙にしていたり言うことを聞いたりするのですが、自分の家だったり、相手が家族や介護者だったりすると、途端に扱いにくくなります。

2人以上の家族がいれば、いつも決まった人(大抵はご主人)をターゲットにして責めたり、反発したり、暴言を吐きます。施設で介護されている高齢者では、決まった介護者をいつもターゲットにして責め抜き、職員が耐え切れずに辞めてしまうことさえあります。

特定の人を責める内容は、「(自分の物を)盗った、隠した、壊した」「自分の悪口を言っている」などです。「女のところへ行っている」とか「色目を使った」などという嫉妬妄想のこともあります。「それは違う」と言い訳をしても、本人はより怒りを増すだけで、人の話に耳を貸そうとしません。

それでは、ここに挙げたような、メンタルの症状が強い高齢者と一緒に暮らしている場合にはどうすれば良いでしょうか? 家族の1人だけを悪く思っており、態度もきつい場合には、私はターゲットとなっている家族に、できるだけ離れて過ごすことを勧めています。家でいる部屋を別々にしたり、どちらかの人の外出を多くして一緒にいる時間をできるだけ少なくしたり、というふうに。

高齢者の場合には、デイサービスやショートステイを使うことで、残りの家族が休息を与えられたり、出かけた本人も気分転換になって良い効果が期待できます。さらに、高齢者の言動に家族が精神的に耐えられない場合には、精神科を受診させて抗精神病薬を調整してもらったり、高齢者を施設に入れて家族が解放されることを検討してもらいます。

やっかいなことに、本人は自分の精神的な問題だとはまったく思っていないことが多いので、精神科受診を拒否しがちですし、抗精神病薬を処方されても、「毒を盛られている」「この薬を飲むと調子が悪くなる」と拒否したりします。

以上挙げたように、高齢になってメンタルな症状が強く出てくる人は、認知症のメンタルな症状が出ているだけではなく、もともとメンタルに固有の気質がある場合も多いようです。

ご家族に昔の話を伺うと、「昔からこだわりが強い性格です」と教えてもらったり、精神科に通院または入院歴があったりします。

精神症状が強くて家族や周囲につらく当たる場合、自分たちだけで解決しようとせず、認知症に詳しい医師やケアマネージャー、地域包括支援センターや市役所などの公的な機関に相談し、アドバイスをしてもらうのが良いと思います。また2〜3年経って高齢者の認知症がさらに進めば、逆に穏やかになって対応しやすくなるように、時が解決してくれることもあります。

近藤 靖子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加