大橋は200メートル個人メドレー2位で五輪代表決定 日本記録を「狙いすぎて硬くなった」

大橋は200メートル個人メドレー2位で五輪代表決定 日本記録を「狙いすぎて硬くなった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/06
No image

レース後、健闘をたたえ合い抱擁する寺村(左)と大橋(撮影・高部洋祐)

「競泳・日本選手権」(6日、東京アクアティクスセンター)

女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(25)=イトマン東進=が2分9秒67で2位に入り、東京五輪代表に決まった。日本記録で自己ベストの2分7秒91には及ばず、2分9秒55で優勝した寺村美穂(26)=セントラルスポーツ=にも競り負けたが、400メートル個人メドレーに続く個人2種目目の代表決定となった。

大橋は「(日本記録を)狙い過ぎて硬くなてしまった。後半バテてしまった」と反省を口にしつつ、「(今大会は)夏に自己ベストを更新するための課題を見つける場所。前半力んでしまうと、後半もたない」と五輪本番を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加