浅野先発ボーフムがマインツに敗れて黒星スタート...《ブンデスリーガ》

浅野先発ボーフムがマインツに敗れて黒星スタート...《ブンデスリーガ》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/07
No image

浅野拓磨が所属するボーフムは6日、ブンデスリーガ第1節でマインツと対戦し1-2で敗戦した。浅野はフル出場している。

【動画】【海外日本人】絶好調の天野純がKリーグ7点目

昨季13位のボーフムが昨季8位のマインツをホームに迎えた一戦。1日に行われたDFBポカール1回戦の1889ベルリン(ドイツ4部)戦で公式戦初ゴールを飾った浅野はトップ下で先発出場している。

ボーフムは13分、GKリエマンのパントキックからロングカウンターを仕掛けると、S・ツォラーのクロスをホルトマンが左足ボレーで合わせたが、これは相手GKのセーブ防がれた。

先制のチャンスを逃したボーフムは、26分に失点する。右サイドのE・フェルナンデスが早いタイミングでクロスを供給すると、ゴール前でフリーのオニシウォにヘディングシュートを流し込まれた。

先制を許したボーフムは39分に反撃。左サイドをドリブルで持ち上がったシュテーガーが相手GKの位置を確認し意表を突いたシュートを狙うと、これがゴール右サイドネットに吸い込まれた。

1-1で迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはボーフム。52分、スタフィリディスの左クロスをボックス内で受けた浅野がワントラップからシュートを放ったが、相手DFに当たったボールはクロスバーの上に外れた。

その後は膠着状態が続いたが、ボーフムは77分にバルフゾルフの左CKをファーサイドに走りこんだオニシウォに押し込まれ、再びリードを許す。

すぐに反撃に出るボーフムは、81分に敵陣でのボール奪取からガンボアがミドルシュートでゴールに迫ったが、これはわずかに枠の上に外れた。

結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。オニシウォの2ゴールに沈んだボーフムは開幕黒星スタートとなった。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加