キツツキの舌は驚くほど長く、普段は頭蓋骨をぐるっと一周して収納されている

キツツキの舌は驚くほど長く、普段は頭蓋骨をぐるっと一周して収納されている

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2020/08/02
No image

クチバシを叩きつけて木に穴を開け、その小さな穴からエサとなる虫を獲るキツツキ。

とても長い舌を使い、穴の中の虫を釣り上げるけれど、その舌は普段は頭蓋骨をぐるりと一周する形で収納しているのだという。

舌の長さに驚き、それ以上に収納方法に驚いてしまう。

動画の骨は、アメリカ東部を中心に生息するキツツキ、シマセゲラのもの。

【オススメ記事】フィクションの中でしか見たことがないような、ミニガン搭載バイク

Random Act of Anatomy - Woodpecker hyolingual (tongue) apparatus

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加