独主要研究所、21年成長予想を2.4%に引き下げ 来年は上方修正

独主要研究所、21年成長予想を2.4%に引き下げ 来年は上方修正

  • ロイター
  • 更新日:2021/10/14

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツの主要経済研究所は14日、共同で経済見通しを発表した。供給のボトルネックが引き続き製造業を圧迫するとして今年の成長率を2.4%へ引き下げた。来年の見通しは大幅に上方修正した。

No image

10月14日、ドイツの主要経済研究所は共同で経済見通しを発表した。独ドュッセルドルフのスーパーで2020年4月撮影(2021年 ロイター/Wolfgang Rattay)

発表したのはRWI経済研究所、ドイツ経済研究所(DIW)、IFO経済研究所、キール大学世界経済研究所(IFW)、ハレ経済研究所(IWH)の5機関。

2021年の従来予想は3.7%だった。

2022年については3.9%から4.8%へ引き上げた。来年は新型コロナウイルスの影響が徐々に薄れ、稼働率が通常の水準へ回復すると予想した。

インフレ率は2022年が2.5%、23年は1.7%と予想した。

IWHのオリバー・ホルテメーラー所長は「労働力の減少による経済成長の低下と気候変動を巡る課題で消費機会が減少する」と指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加