競技者表彰プレーヤー部門など/野球殿堂メモ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14

◆競技者表彰プレーヤー部門 引退後5年経過したプロ選手が対象で、その後15年間を有資格者とする。野球報道15年以上の経験を持つ委員が投票し、有効投票の75%以上の得票者を殿堂入りとする。得票率が有効投票数の3%未満の場合は、次年度以降の候補者にはなれない。

◆競技者表彰エキスパート部門 現役を引退したプロの監督、コーチで引退後6カ月を経過している者、現役引退後21年以上経過しているプロ選手を有資格者とする。殿堂入りした者と競技者表彰の幹事及び野球報道30年以上の委員が投票。有効投票の75%以上の得票者を殿堂入りとする。

◆特別表彰 アマの競技者を対象に選手は引退後5年、監督、コーチは引退後6カ月を経過した者を有資格者とする。またプロ、アマの審判員で引退後6カ月を経過した者、プロ、アマの組織などの発展に貢献、日本の野球の普及、発展に貢献した者も対象になる。プロ、アマの役員、元役員、学識経験者が投票。有効投票の75%以上で殿堂入り。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加