ヤクルト・サンタナが3号ソロで来日初の猛打賞 新助っ人の1発から同点追いついた

ヤクルト・サンタナが3号ソロで来日初の猛打賞 新助っ人の1発から同点追いついた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇セ・リーグ ヤクルト―DeNA(2021年5月2日 横浜)

No image

<D・ヤ9>6回無死、サンタナはソロ本塁打を放ちナインに迎えられる(撮影・村上 大輔)

ヤクルトのドミンゴ・サンタナ外野手(28)が来日初の猛打賞を記録した。

4―7の6回無死。真ん中に入ってきたフォークを捉えた瞬間に、それと確信。左翼ポール際中段へ3号ソロを放り込んだ。反撃ムードを作ると、後続もチャンスを作り、山崎の二ゴロ、中村の右犠飛で同点に追いついた。

新助っ人は2回に左前打、3回に中前打を放っており、来日初の猛打賞をマークした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加