楽天・岸が今季最短の3回で5失点KO 自身3連敗でチームは連勝逃す

楽天・岸が今季最短の3回で5失点KO 自身3連敗でチームは連勝逃す

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇パ・リーグ ソフトバンク6ー4楽天(2021年5月4日 ペイペイドーム)

No image

<ソ・楽>2回無死、中村晃に右越え本塁打を打たれガックリの岸撮影・中村達也)

楽天の岸孝之投手(36)が4日のソフトバンク戦に先発し、今季最短となる3回5失点でKOされた。茂木の5号ソロで1点を先制した直後の2回、中村晃に同点ソロを被弾するなど3失点。3回も甲斐に1死満塁から中前適時打を浴びるなど2点を失った。

開幕から5試合連続で下妻が正妻を務めていたが、この日は今季初めて太田とバッテリーを組んだ。3回で52球を投げ、7安打5失点。4月13日のロッテ戦から自身3連敗となり、球団を通じて「(状態は)普通でした。捕手が変われば配球の部分で変わる部分はあるかもしれないですが、球種の選択は自分の責任でもあるので」とコメントした。

敵地での首位攻防戦3連戦はこれで1勝1敗となり、2位・ソフトバンクとのゲーム差は1に縮まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加