“BA.5”感染者を初確認 市中感染か...新型コロナ 岐阜で新規感染者146人 診療所でクラスター発生

“BA.5”感染者を初確認 市中感染か...新型コロナ 岐阜で新規感染者146人 診療所でクラスター発生

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/06/23
No image

岐阜県では6月22日、新たに146人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

感染がわかったのは、岐阜市や大垣市などに住む0歳から90代までの146人で、30日続けて1週間前の人数を下回りました。

新たなクラスターとして岐南町の診療所の集団が公表され、これまでに職員4人と患者1人などあわせて9人に感染がわかっています。この診療所では職員や患者など9人の検査を終えているということです。

また、県は感染者として公表されていた50代の女性がオミクロン株の「BA.5」に感染していたことを発表しました。

この女性は海外への渡航歴はなく市中感染とみられていますが、軽症だということです。県内で「BA.5」への感染が確認されたのは初めてです。

県によりますと「BA.5」への置き換わりが進む海外の事例をみると、感染力が「BA.2」より強いとみられるということです。

県内の病床使用率は21日時点で10.7%、重症者はゼロです。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加