「何これ...?」妻が見てしまった、夫のスーツのポケットから出てきた紙切れの正体

「何これ...?」妻が見てしまった、夫のスーツのポケットから出てきた紙切れの正体

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2020/10/24

―0.019%

これは国税庁の『統計年報』から推計する、日本で年収が1億を超える人の割合だ。

彼ら“ミリオネア”に出会える可能性はかなりレアだが、その男たちを射止めた女たちは実際に存在する。

それは一体どんな人物なのか?その生態を探ってみよう。

▶前回:「狙うべきは、資金調達シリーズBの男」IPOを果たした夫を支える妻の悲哀

No image

【元銀座の女】
名前:智恵(34)
職業:インスタグラマー
家族構成:夫・司(45)※離婚経験アリ と4歳の息子
夫の職業:広告系会社&都内に数店舗の飲食店を経営

凡庸な人生だけは嫌だった

―『2名様分のお食事代として』ねぇ…

昨日見てしまった、明らかに怪しい夫の領収書。それを思い出すと憂鬱な気分になる。

土曜の13時過ぎ、昔からの同僚との約束場所である『マンダリンオリエンタルホテル』まで運転していた。

夫に買ってもらった、最近お気に入りのロールス・ロイス カリナンのハンドルを握り、今日は全身ルイヴィトンだった。私は明らかに、普通の人より多くのものを与えられている。

だが悩みは尽きない。

領収書の件に気を取られ、青信号に変わったのを見逃していた。

「奥様…本当に運転、よろしいのでしょうか?」

運転手さんからそう尋ねられたが、今日はどうしても自分で運転したい気分だった。今日会うかつての同僚のこと考えると。

『実はね、もうすぐオーナーママとして店を持てることになったの』

銀座時代の唯一の友人である愛は、1週間前にそんな連絡を寄越してきたのだ。

彼女とは、お互い偏差値の高い有名私大に通っているという共通点からすぐに打ち解け仲良くなり、色んなことを話した。

水あげで引退したかった私と、オーナーママになることを夢見ていた愛。

当時からの夢はこれでお互い叶った。

―そういえば、…もうすぐ結婚記念日だっけ。

車は、永田町を抜け帝国ホテル前を通過し、あっという間に到着する。

智恵が語る、ミリオネアを射止めた3つの方法とは・・・?

智恵の場合:好みの味付けと、そこそこの経済力。あとは夜の生活が…

いい男を射止めるのはそんなに難しいことではない、ましてや絶世の美人でなくてもいい。

―好みの味付けを知ることと、何かあった時でも夫を支えられるそこそこの経済力、あとは夜も手練手管なこと。

この3つを意識して、私は司と授かり婚をした。

初めての出会いは、たしか26歳の頃。私が勤めていた銀座の店だった。

No image

白いパンツを履き、ルブタンのスニーカーで現れた司は、それなりに成功している経営者という印象だった。

経営者らしい派手な彼の左手薬指に指輪はなかったが、店の女の子たちの会話から、離婚調停中の妻がいることは知っていた。

「司さんの奥さんって、勤めていた時知り合った一般職の女性だったんだって。今は主婦らしいけど、司さんかなり遊んでるみたい」

ある日、司のテーブルにつく機会をもらい、トントン拍子で彼は私のお客さんになった。

最初は、見た目のチャラさや噂話から、正直彼のことを警戒していた。だが話してみると案外気さくで、何より仕事の話を聞くに“裏切りがない男”だと言うことが分かった。

―この人、いい男だなあ

太いお客としてではない、個人的な好意を持つまでに時間はかからなかった。

そして同時に銀座の女らしく、智恵も気に入った男には出世して欲しいと思った。

だからこそ、付き合っていない時から、人の紹介や予約困難店の紹介など、司の要求にはなるべく答え、円滑に事業が進むよう影でサポートしていたのだ。

そうしているうちに離婚は成立し、交際はスタート。正直女の影はあったけれど、時間が経てば治ると信じることにした。

また同伴中に必ずチェックしていたのは、味付けの好み。

「味がしっかりしているね」

濃い目の味付けのお店に行くと必ずそう発言する司を見て、いつか結婚して手料理を振舞う時の味付けの目安を考えていたのだ。

そうして日々を重ねていくうちに、智恵のお腹に命が宿った。

「妊娠したの…。水あげして」

女の影がまだちらつく中、子どもができるなんてと最初は落ち込んだ。でも事実を伝えると思いの外喜び、経営者らしくすぐに責任を取ってくれた。

そして仕事を辞めた智恵に、司はすぐ新居を用意してくれ、結婚生活が始まった。

あのときそういえば、愛は「智恵が辞めるのはもったいない」と言ってくれていたが、智恵は仕事に対しての熱意がそこまでなかったのだ。

派手な女達の久しぶりの再会

「久しぶりだね!智恵」

昔と変わらない笑顔で手を振ってきた愛は、既にホテルラウンジの窓際の席に座っていた。

お互い変わらないね、なんて言いつつも、身につけているアクセサリーは2人とも豪奢なものへと変わっていた。

No image

―お金を持つようになったんだな…。

それに愛は、夜の女たちの中でもトップクラスの、近寄りがたいが華のある独特のオーラを放っていた。

「まずはおめでとうだね。」

智恵はコーヒー、愛はシャンパンで乾杯した。

一口飲み、コーヒーカップを置いた後、間髪入れずに智恵は尋ねた。

「ねえ、野暮な質問なんだけど…。鎌倉の中華とか行ったことある?」

現役で百戦錬磨の女を打ち崩すのが難しいのは承知の上で、ジャブを打ってみた。

昨日の領収書はもしや…。冴えわたる女の勘とは

夫は間違いなく…私の昔の友人とも、関係を持っている。

女の勘が、そう働いたのだ。

昨日夫のジャケットをクリーニングに出すためにポケットを確認すると、1枚の紙切れが入っていた。

―珍しい…。どんな時も、レシートとか領収書は財布にきちんと入れるのに。

几帳面な彼の性格から、こんなことは滅多にないのだ。

何かと思ってその紙を広げてみると、鎌倉の有名中華料理店で発行された領収書だった。

『2名様分のお食事代として』という但書に、またかと呆れを通り越して笑ってしまう。

結婚生活が始まってからも一向に止まない女遊びに、最初こそ口を出していた。けれど水掛け論の喧嘩になるため、もう何かを言うのは止めようと思っていたのだ。

しかし、相手の女性のことは気になる。

すぐにiPhoneを手にとり、証拠写真を取った。そのあと癖でInstagramを開けると、愛が同じ店の料理をあげていたのだ。

―え、まさか今回の相手は…愛?

お茶を約束した日より、食事に行った日のほうが先だった。

だからとにかくお茶の時に聞いてみようと決め、いま聞いたのだ。

ママになろうとしている百戦錬磨の愛は

「行ったことあるわよ…結構前に、お客さんと。こんなご時世だし時差投稿ばかりで、いつだったか忘れたけれど」

もちろんこれは、嘘ではない。

何か月か前にお客さんと、数日前に智恵の旦那である司とも行って、二回ともその後都内のホテルに寄った。

司のことは昔からいいなと思っていたし、今もたまにお店に顔を出してくれる。

結婚後も定期的に会う関係が続いていたことは、智恵はきっと知らないはずだ。

だって智恵とは子供が産まれてすぐあった以来、今日まで会わないような関係性だから。

―司と会っていることは、言わないようにしよう。

彼は酔っ払うと「今日はこのまま一緒にいたい」なんて言うが、子どもができてからは絶対外泊なんてしなかった。

ホテルでことを済ますと「息子がいるし、帰るわ」と言い残し帰宅する。

そんな背中を見て、いつも智恵のことを考えていた。

前に、彼がシャワーを浴びている間にiPhoneのロックを解除し、交友関係をチェックさせてもらったことがある。

メッセンジャーにインスタグラムのDM、『今日はありがとう♡』という明け方のLINE。

至る所に女の影はあった。

だが私が見たかったのは、大物とコネクションがあるか否か。

―お店にお客として連れてきてもらいたい。

オーナーママとして店を持つようになって、とにかく繁盛店にしたい。その一心だ。

そう思う一方で女好きは死ぬまで治らないのだろう、とも悟った。

それと同時に、彼の子どものことではなく、智恵を哀れに思う。

彼女は私より美人だったし、賢かった。

若くて美しい女特有の、少し生意気で余裕のある物言いに、時折感じるピンと張り詰めた空気感。その彼女特有の雰囲気に、誰もが虜になっていたのだから。

銀座の女を続けていれば私より早く、オーナーママになっただろう。それにもっといい人と結婚できて、もっともっと上を見ることができたかもしれないのに。

―だから止めたけど、それも人生か。

それでもおそらく、世の中の司と同世代男性の平均年収は、彼が妻に買ったカリナンの5分の1あれば良い方なのだろう。

働かずとも贅沢はできて、息子がいて、都内の一等地の一軒家に住んで。

足るを知ったから彼だったのか、タイミングだったのか、好きだったのか…。やはり夫婦のことは他人には分からない。

それでも会う約束の日には、彼女に聞こうと決めていたことがある。

智恵…。いま幸せ?

▶前回:「狙うべきは、資金調達シリーズBの男」IPOを果たした夫を支える妻の悲哀

▶Next:10月25日 日曜更新予定
苦学生だった私の、“あしながおじさん”になった男の存在

【婚活に関するお悩みを大募集!】
~婚活の悩み、もしかしてメイクで解決できるかも? ~

「とにかく婚活に苦戦中」「彼氏を結婚に踏み切らせたい」etc、さまざまな婚活のお悩み。見せ方ひとつであなたの婚活がもっと楽しくなるかも!?

皆様のアンケートをもとに作成した記事は、後日東カレWEBで配信いたします!
以下リンクからお答えください。
(取得した個人情報は、当社個人情報保護方針に則し、募集完了後、速やかに破棄いたします)

アンケートはこちらから>>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加