米、ウクライナに「エイブラムス」戦車供与へ 31両

米、ウクライナに「エイブラムス」戦車供与へ 31両

  • ロイター
  • 更新日:2023/01/26

[ワシントン 25日 ロイター] - バイデン米大統領は25日、ウクライナに主力戦車「エイブラムス」31両を供与すると発表した。供与を巡りこれまで維持してきた反対姿勢を撤回し、ウクライナ支援で欧州との結束を鮮明にする。

No image

バイデン米大統領は、ウクライナに主力戦車「エイブラムス」31両を供与すると発表した。25日、ホワイトハウスで撮影(2023年 ロイター/Evelyn Hockstein)

米国の発表に先立ち、ドイツ政府も同国製戦車「レオパルト2」をウクライナに供与し、ポーランドなどのパートナー国が保有する同戦車の供給も認めると発表した。

バイデン大統領はドイツの決定を評価した上で、ロシア側の期待に反し、欧米の同盟国は「完全かつ徹底的に結束している」と言明した。

米国はこれまでエイブラムスの維持や管理が難しく、ウクライナ軍への訓練が困難という理由で供与に慎重な姿勢を維持していた。

バイデン大統領は、米国が一転供与する決定を下したことについて、「ドイツに強制されたものではない。われわれ全員が一致していると確認したかった」と強調した。

さらに、エイブラムス戦車は「開けた地形における作戦行動の能力を向上させる」とした上で「ロシアを攻撃する脅威ではない」と念を押した。

米政府高官によると、エイブラムスの引き渡しには数カ月かかる見通し。ウクライナの長期的な防衛に備えると説明した。

エイブラムス31両のコストは4億ドル相当とみられる。

ウクライナのゼレンスキー大統領はツイッターへの投稿で、米国の決定を「勝利への重要なステップ」とした上で、自由主義世界はウクライナの解放という「共通の目標の下、かつてないほど団結している」と述べた。

ウクライナ大統領府のイエルマク長官もテレグラムへの投稿で、米政府の決定について「歴史的な日だ。(戦争での)勝利を左右する日のひとつとなる」と述べた。同時に「重要なことはこれは始まりに過ぎず、われわれは数百両の戦車を必要としている」とした。

ロシア大統領府(クレムリン)のペスコフ報道官は、ウクライナへのエイブラムス供与について、「ウクライナ軍の能力を向上させる可能性は過大評価されている。他の戦車と同様、焼失するだけだ」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加