VR空間でプロスポーツを応援! 「バーチャルワールド広島」オープンへ

VR空間でプロスポーツを応援! 「バーチャルワールド広島」オープンへ

  • Techable
  • 更新日:2021/01/13

バーチャルワールド広島コンソーシアムは、VR空間を活用し、広島のプロスポーツ団体を応援・支援する実証プロジェクトを始動。2021年2月に「バーチャルワールド広島」をオープンし、広島を中心に日本のスポーツ界を盛り上げていく。

なお同コンソーシアムメンバーは、広島テレビ放送株式会社を代表企業として、株式会社EAD、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社ビーライズの5社。

専用ルームとイベントルーム

No image

「バーチャルワールド広島」には、広島東洋カープ(野球)・サンフレッチェ広島(サッカー)・広島ドラゴンフライズ(バスケットボール)の3チームの専用ルームが構築される。

専用ルームは、各チームの特色を活かしたデザインで設計され、「選手紹介」「練習映像」「試合告知」「デジタルグッズ」などを展開していく。

No image

ファンはアバターとしてルームを訪れコンテンツを楽しんだり、デジタルアイテムを購入し身に着けたりと、ニューノーマルなファンミーティングやスポーツの楽しみ方を体験できるようだ。

また、3チームの専用ルーム以外にイベントルームも設けられるという。ここでは「eスポーツ大会」や「STU48ライブパフォーマンス」など体験型のコンテンツを展開し、「バーチャルワールド広島」の活性化とファン拡大の相乗効果を狙っていく。

ビーライズのVR技術

No image

同コンソーシアムのメンバーである株式会社ビーライズは、以前Techable(テッカブル)でも取り上げた企業だ。

バーチャルワールド活用サービスを提供する同社は、アバターで参加できるバーチャル展示会・ショールームを手がけている。来場者がアバターとして移動できる空間に、製品・サービスの資料や動画のほか、3DCGで制作するブースや展示物を設置し、来場者が製品・サービスを体験できるような設計が特徴だ。

そのほか、就労トレーニング用VRソフト「JobStudio」やフォークリフトのリアルな操作体験などができる「VR安全シミュレータ」を開発している。

PR TIMES
株式会社ビーライズ

Higuchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加