「うっせぇわ」Adoがラジオで一発ギャグ初披露

「うっせぇわ」Adoがラジオで一発ギャグ初披露

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

文化放送「レコメン!」にゲスト出演した高校生シンガー、Ado

デビュー曲「うっせぇわ」で話題の現役高校生シンガー、Adoが22日夜、文化放送ワイド番組「レコメン!」(月~木曜午後10時)にゲスト出演した。

配信したミュージックビデオは再生回数7000万回超えを記録し、各配信チャートで32冠を達成している。ベールに包まれた存在だが、パーソナリティーのオテンキのりから趣味について聞かれると「基本、家にいることが多くて、だいたいゲームをしたりYouTubeで動画を見たりだとか映画を見たり、インドアな感じです」と答えた。

また、音楽活動を始めたきっかけについて「元々歌おうとは思っていなくて。小学校5、6年生くらいの時にボカロの歌をカバーする歌い手さんと出会って、最初は『面白い人たちだな』と思って聴いているうちに、面白そうだから私もやってみたいと思って、そこから本格的に歌うようになりました」。

番組中盤、オテンキのりの一発ギャグ「帽子をかけよう。どこにかけよう。『ヒッザハット!!』」をAdoが披露したらどうなるのかを検証する流れとなり、一発ギャグを初披露。「あんまり一発ギャグというものをやったことがないので、どう皆さんに聞こえているのかわからない」と笑いながら答え、Adoの新たな一面を見せた。

このほか番組では、「今夜解放! 5軍なりの魂の叫び」と題し、リスナーから届いた「心にしまい込んでいる日頃の鬱憤(うっぷん)」「言いたくても言えないこと」に対して自身のことを交えつつ答えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加