日本ハム 守乱10失点で連敗 栗山監督「みんなで反省」

日本ハム 守乱10失点で連敗 栗山監督「みんなで反省」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

5回、ベンチから戦況を見守る栗山監督(撮影・飯室逸平)

「日本ハム3-10阪神」(9日、札幌ドーム)

日本ハムは、拙守が響き今季3度目の2ケタ失点。2連敗で2カード連続の勝ち越しが消え、借金はワーストタイの12となった。

初回に近藤の適時二塁打で幸先よく先制したが、リードもつかの間。続く二回にその近藤の悪送球が失点に絡み同点とされた。

さらに四回には先発の加藤がつかまり4失点。続く五回1死一、三塁の場面で降板した。代わった谷川は古巣の大山を併殺コースの三ゴロに仕留めたが、三塁手の郡が二塁に悪送球。1死も奪えず1点を失うと、その後も佐藤輝の2点二塁打などで追加点を許し、試合を決められた。

打線は五回に西川の犠飛、六回は清水の適時打で反撃したが、大量失点が響いた。

守備のミスが重なっての悔しい敗戦-。栗山監督は「野球にミスはつきもの。それを試合の中で取り返さないといけない。それが今できていない」と試合を総括。「チーム状況はあんまりよくないですけど、できることを一生懸命やる野球はやっていきたい。みんなで反省してやっていきたい」と声を振り絞った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加