自殺した社員への“賞状”は「余興の域を超えていた」 「ハシモトホーム」が遺族に謝罪の意向

自殺した社員への“賞状”は「余興の域を超えていた」 「ハシモトホーム」が遺族に謝罪の意向

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

自殺した社員への賞状は「余興の域を超えていた」と会社側が謝罪の意思を示した。

【映像】遺族側の会見の様子

「あなたは、今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」
「陰で努力し、頑張ってないように見えて、やはり頑張ってない」

この賞状は、青森県八戸市の住宅建設会社「ハシモトホーム」が2018年に自殺した男性社員に渡したもので、遺族は損害賠償を求め会社側を提訴している。

会社側は取材に対し、この賞状について「支店の年始の行事の余興の一環として実施しておりました。今となっては、余興の域を超えていたと深く反省しております」と説明。パワハラを認めた上で「ご遺族の方には直接お詫びをし、できるだけ要望を受け入れたく思っております」としている。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加