広島が劇的大逆転勝利 秋山のサヨナラ打で連敗7でストップ「一人一人が粘った結果」

広島が劇的大逆転勝利 秋山のサヨナラ打で連敗7でストップ「一人一人が粘った結果」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

スタンドの大歓声に応えながら引き揚げる秋山(撮影・立川洋一郎)

「広島6-5阪神」(6日、マツダスタジアム)

広島が九回に劇的な逆転サヨナラ勝ちを飾り、連敗を7で止めた。

3点を追う九回、阪神の5番手・岩崎を相手に、連打と悪送球が絡み、2点差に迫る。なおも無死二、三塁で、菊池の遊ゴロがイレギュラーバウンドし、阪神・中野がファンブル。この間に走者2人が生還した。

5-5の同点、1死二塁で秋山の打席。カウント1-1から右前打を放ち、劇的なサヨナラ勝利。九回に一挙4点を奪い、試合をひっくり返した。

秋山は「一人でひっくり返せるものじゃないので。先頭のつなぎから、一人一人が粘った結果だと思う。この打席だけは凡退できないなと思いました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加