オランダの養鶏場で鳥インフル、約19万羽を殺処分

オランダの養鶏場で鳥インフル、約19万羽を殺処分

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/22
No image

オランダ・バルフェネルトで、鳥インフルエンザ対策のため屋内に隔離された鶏(2020年10月23日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】オランダ農業省の22日の発表によると、国内少なくとも2か所の養鶏所で感染力の強い鳥インフルエンザの発生が確認され、当局が鶏およそ19万羽を殺処分した。

保健当局の職員らは、ゴーダ郊外のヘーケンドルプと北部フリースラント州ウィットマルスヌの養鶏場で、それぞれ約10万羽と約9万羽を処分。

農業省によると、どちらも「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが疑われているという。

10月以降、オランダでは各地の農場で季節性の鳥インフルエンザが検出されており、主な原因は渡り鳥とみられている。

オランダは新型コロナウイルス感染拡大の第2波にも見舞われており、連日、およそ6000人の新規感染者が確認されている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加