カンニング竹山、おぎやはぎ・小木が大学受験への思い明かす「僕も実は...」

カンニング竹山、おぎやはぎ・小木が大学受験への思い明かす「僕も実は...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

カンニング竹山

歌手・相川七瀬(46)と女優・水野真紀(51)が7日、フジテレビ系「バイキングMORE」に生出演。相川は昨年、国学院大学神道文化学部に入学し、現在2年生。水野は今春、都内の大学の文学部教育学科を卒業し、幼稚園教諭1級免許を取得したことを、それぞれ充実感たっぷりに話した。

2人の話に大きな刺激を受けたようで、カンニング竹山が「オレ去年、大型免許取ったんですよ、バイクの。49(歳)で取れるんだと思って。その時、何かやってねえなと思ったら、オレ最終学歴、河合塾中退なんですよ。予備校生の時に芸人になったから。大学行けんのかなーって、ずーっとホントに考えてて」と大学入学への思いを明かすと、スタジオは大盛り上がり。

竹山は「そういうのずっと考えてる時に3日前にネット見てたら、『竹山干される』って書いてあったんで。もしかしたら来年(暇な時間ができて)行けるかもと思って」とオチもつけた。

おぎやはぎの小木博明も「僕も実は大学をいろいろ考えてた時がありまして。犯罪心理学。犯罪に特化した番組やりたいし、やっぱ説得力欲しいじゃないですか。心理学の大学出た、主席で出た人間が犯罪の番組のゲストに出て…。追い詰めるのが好きなんですよ、いろいろ考えるのが。知能犯とかだって、なかなかつかまえらんないじゃないですか。ああいうのだってオレが、ちゃんと首席で出て…」と夢を膨らませた。

MCの俳優・坂上忍に「だったら『バイキング』の企画で挑戦しましょうよ」と提案されたが、小木は「いやですよ、そんなこと。まず大学を首席で出ないと。その説得力があって、やっと犯罪者を追い詰められる」と頑な。

さらに坂上が「多分、その大学を首席で卒業したら、フジテレビさん番組作ってくれますよ」と持ちかけると、小木も「そうですよね、だからやりたいって気持ちはすごいあるんですよ」と乗ってきたが、相方の矢作兼が「まず大学を首席で出るって一番簡単に言うけど、勉強しないから。入らないといけないから」と冷静に突っ込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加