富山児童相談所「児童心理治療施設」設置へ

富山児童相談所「児童心理治療施設」設置へ

  • 北日本放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

老朽化が進む富山児童相談所について、県は25日、富山市内の2か所に機能を分けて移転し整備する案を示した。

老朽化が進む富山児童相談所について、県は25日、富山市内の2か所に機能を分けて移転し整備する案を示しました。このうちの1か所には、子どもの心のケアを行える「児童心理治療施設」を県内で初めて設ける考えです。

これは、県が25日に富山市で開いた検討委員会で示したものです。

移転先として、県は総合的な窓口とする富山駅前の複合施設、CiCビルと、治療に重点を置く富山市下飯野の県リハビリテーション病院・こども支援センター周辺の2拠点にする考えです。

このうち病院周辺には、虐待や家庭内暴力などさまざまな理由で社会生活への適応が困難となった子どもに短期間入所してもらい、必要な心の治療や生活指導などを行う「児童心理治療施設」を県内で初めて設けるとしています。

参加した委員からは「児童相談所から医療に確実につなぐ連携が重要だ」、「相談しやすくなるような名称をつけてはどうか」などといった意見が上がりました。

県は今後、パブリックコメントを募ったうえ、ことし3月に会合を開き計画をとりまとめる予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加